耐熱エポキシ接着剤  「アレムコボンド 2200」

 

(株)オーデック

  東京都品川区東五反田3-14-13 高輪ミューズビル  TEL 03-6447-7461 FAX 03-6447-7405


耐熱エポキシ接着剤 「アレムコボンド 2200」   「アレムコボンド 2200」は米国アレムコプロダクツ社の開発によるガラス繊維を混入して、抗張力を強化したエポキシ系接着剤です。セラミックと金属の接着や腐食したライニングなどの補修に使用します。耐熱上限は204℃です。
荷姿
1パイント(約500ml)
1クオート(約1リットル)
の缶入り

写真は金属への適用例    


ID A055-11
製品名 耐熱エポキシ接着剤  「アレムコボンド 2200」
会社名 (株)オーデック
特性 「アレムコボンド 2200」は上述の特徴を有しているので、耐摩耗性と防錆及び耐衝撃力に優れ、セラミックと金属−絶縁シュート、ダクト、遠心分離機、その他腐食したライニングの張り替え、などの接着に適合します。
卓抜な耐振動性に加え、せん断引張力も2,400psiと大きく、又たわみ強度は13,400psi、絶縁性は460Volts/mil、体積固有抵抗値は1.0×1015となっています。酸、アルカリ、有機溶剤、塩等への耐薬品性にも優れています。
 
用い方 「アレムコボンド 2200」の適用例はメタル、ガラス、プラスチック類など多様です。赤茶色の2液混合タイプです。重量比でベース剤と硬化剤を1:1の割合で混合、塗布します。接着後は24〜48時間、自然乾燥させるか、80℃で4時間焼成して、硬化させるか、どちらかを選択してください。
硬化後の製品は機械加工できます。硬化による縮みは0.009in/in。
硬度はショアーD硬度で86。




  ( 811 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求