導電性耐熱有機接着剤  「アレムコボンド 556」

 

(株)オーデック

  東京都品川区東五反田3-14-13 高輪ミューズビル  TEL 03-6447-7461 FAX 03-6447-7405


導電性耐熱有機接着剤 「アレムコボンド 556」   アレムコ社が開発した「アレムコボンド 556」は銀の粒子を充填した有機(エポキシ)系の導電性耐熱接着剤です。電子部品や高真空用部品の生産に活用されています。耐熱上限は171℃。
荷姿
最小出荷量:50グラムキット
[ベースと硬化剤各25g入りセット]



ID A055-25
製品名 導電性耐熱有機接着剤  「アレムコボンド 556」
会社名 (株)オーデック
特性 「アレムコボンド 556」は高純度の銀粒子を含有したベースレジンと導電性のバインダーを混合して使用する2液構成型です。混合比率は重量又は体積により1:1とします。

  電気抵抗率は常温で: 0.0052ohm-cm
  熱伝導性は: 2.2W/m・k
  引っ張りせん断強度(抗張力)は: 2,500psi
   
用い方 接着またはコーティングする面をショットブラストかサンドペーパーで粗し、洗浄剤で、ホコリ、油、ショットブラスト、サンドペーパーの残滓を完全に除去してから、塗布します。
接着後、硬化させるには: 常温で24時間放置するか、
76℃で4時間、又は、98℃で2時間焼成します。
 
接着加工が終わったら、常温で1−2時間乾燥させた後、93℃で1−2時間焼成します。
焼成をしない状態のものは、温水と石鹸で簡単に除去できます。

適用例
プリント基板の修理
高真空中で使用するセンサー
高温用コネクターと特殊光源
ICチップ、半導体部品、等
   



  ( 782 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求