耐熱温度250℃ ふっ素樹脂の耐熱離型・潤滑剤  「テフリリーズ・N」

 

(株)オーデック

  東京都品川区東五反田3-14-13 高輪ミューズビル  TEL 03-6447-7461 FAX 03-6447-7405


耐熱温度250℃ ふっ素樹脂の耐熱離型・潤滑剤 「テフリリーズ・N」   耐熱 非転移 高精度 塩素フリー
ふっ素樹脂離型剤

テフリリーズ・Nは、ふっ素樹脂の微粒子に耐熱バインダーを添加した塩素フリータイプの離型剤で、塗布、スプレーにより金型の表面に数ミクロンのドライ潤滑被膜をつくります。シリコンはまったく含んでいませんから、成型後すぐに二次加工ができます。耐熱温度は250℃で、高温域で成型するフェノール樹脂やエポキシ樹脂等の熱硬化性樹脂の離型に最適です。
荷姿
420mLエアゾール缶入り



ID A055-65
製品名 耐熱温度250℃ ふっ素樹脂の耐熱離型・潤滑剤  「テフリリーズ・N」
会社名 (株)オーデック
特長
耐熱温度は-196〜250℃です。
1回の塗布、スプレーで連続して離型できます。
離型は界面でおこなわれ、成型品にはほとんど転移しませんから、メッキ、印刷、塗装、接着など二次加工がそのままでき、洗浄工程を省くことができます。
潤滑被膜はうすくて、液状ではないので局部にたまるようなことはなく、成型品の寸法精度を高め、不良率を低減します。
金型のよごれが少なくなり、メンテナンスの経費が節減できます。

用途
成型温度の高いエンジニアリングプラスチックの離型に。
プラスチックの成型で、金型の形状が複雑な場合、精度を要する場合の離型剤として。
ダイヤモンド工具の離型に。
FRPの離型に。
ゴムの離型に。
ベアリングやコンベアー、シュートの潤滑剤として。

使用方法
1.

塗布、スプレーする前に、対象面をきれいに洗浄します。特に他の離型剤がついているときは、完全に除去してください。

2. 缶をよく振ってから10〜20cm離して、うすく均一にスプレーしてください。
3. 10分程で乾燥、すぐに成型にかかれます。



技術資料
膜厚 10〜14ミクロン
摩擦係数 (静)0.08
(動)0.05
耐薬品性 あり
電気絶縁性 あり
除去にはシンナーとブラシを使用。



  ( 366 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求