ユニバーサル回転・速度計  「TDP-3621」

 

ココリサーチ(株)

  東京都中野区中央3-40-4 新中野ココリサーチビル  TEL 03-3382-1021 FAX 03-3382-1200


ユニバーサル回転・速度計  「TDP-3621」   PLCとつながるユニバーサル回転・速度計

デジタル回転計では最速の1ms更新のBCD出力により、測定データをPLCに入力できます。
プロトコルコンバータPC-1(別売)を使用することにより、三菱電機製PLC(Aシリーズ,Qシリーズ,FXシリーズ)に、プログラムレスで測定データを書き込めます。
アナログ出力(0〜10V,0〜5V,1〜5V,4〜20mA)は内部設定により選択できます。更新時間1ms、出力部には16bitD/Aコンバータを採用していますので、高機能F/Vコンバータとしてもご利用いただけます。


ID B001-01-03
製品名 ユニバーサル回転・速度計  「TDP-3621」
メーカー ココリサーチ(株)
特長 【標準仕様】
バラエティ豊富な入力信号
  オープンコレクタ(NPN,PNP可)、AC(ゼロクロス)信号、TTLほか、モータドライバや直流2線式近接センサに加えて、ラインドライバ信号も受けられる平衡型入力も装備しています。
   
広範囲・高精度計測
  入力周波数6mHz〜500kHzの広範囲を、レンジ切替なしで計測できます。ココリサーチ独自の周波数演算方法 ペリオマチックTM方式により、低速から高速までを高精度に計測することができます。
   
2色LED表示
  2色(赤・緑色)7セグメントLEDの採用で、内部選択により表示色を選択できます。さらにレイトマチックTM機能により、お好みの単位(Hz・rpm・l/hなど)の換算表示が可能です。
   
安心のアイソレーション
  入力−各出力−電源間は、互いにすべて絶縁されており、アース電位の浮動によるノイズの影響もなく、安心してご使用になれます。


【オプション】
RS-485通信
  RS-485通信により、内部設定値の変更や測定データを取り出すことができます。
また、プロトコルコンバータ(PC-1)を使用することで、三菱電機製PLC(Aシリーズ,Qシリーズ,FXシリーズ)にプログラムレスで測定データを送信することができます。
   
BCD出力
  オープンコレクタまたはTTLレベルのBCD出力により、測定データを1ms(最速の設定時)毎に出力させることができ、PLCの入力にも適しています。
   
アナログ出力+RS-232C通信
  アナログ出力は0〜10V,0〜5V,1〜5V,4〜20mAの中から内部設定により選択できます。すべてのレンジにおいて16bitの分解能があり、1ms(最速の設定時)毎に更新されます。
また、RS-232C通信機能(内部設定値変更、測定データ出力)をご利用いただけます。この通信機能は、入力周波数、レイトマチックTM機能による表示などの設定値の変更、測定データ出力などにご利用いただけます。
   
コンパレータ出力
  任意設定により、3点(HH/HI/GO,HI/GO/LO,GO/LO/LLより選択)の判定比較結果(コンパレータ出力)を1ms(最速の設定時)毎に取り出すことができます。
コンパレータ出力は、AC/DC両用のフォトモスリレーを採用しておりますので応答が速く、PLCの入力にも適しています。

用途例 ●モータの回転速度計測
●回転体の速度制御
●パルス出力型流量センサの表示器、変換器として
●糸、紙、フイルム等巻取り速度計測
●高速F/Vコンバータとして


 

  ( 2,341 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求