回転解析用F/Vコンバータ  「HS-TACU」

 

ココリサーチ(株)

  東京都中野区中央3-40-4 新中野ココリサーチビル  TEL 03-3382-1021 FAX 03-3382-1200


回転解析用F/Vコンバータ 「HS-TACU」   高機能 2chF/Vコンバータ
2ch 高速トルク- アナログ変換器 HS-TACU


ID B001-03-01
製品名 回転解析用F/Vコンバータ  「HS-TACU」
メーカー ココリサーチ(株)
概要 トルクフランジからのパルス信号を高速(5μs)でアナログ電圧に変換する2ch高速トルク-アナログ変換器です。A/B二相信号の入力が可能で、速度計測用途(Hz/rpm)の高機能F/Vコンバータとしてもご使用頂けます。また、ΔF(偏差出力)機能、ΔFAUTO(偏差自動追従)が付いていますので、回転ムラの計測にも最適です。
 
特長
2チャンネル入出力。速度、偏差(回転ムラ)とトルクを同時に計測
  2ch入出力、各ch毎に4つのモード(速度計測モード・ ・トルク計測モード・偏差出力モード・中心周波数自動追従モード)を選択でき、2ch同時に計測(出力)することができます。速度計測モードではHz/rpm表示、トルク計測モードではN・m表示ができます。
   
高精度・高速応答によりトルク変動をリアルタイム計測
  アナログ出力(0-10V/0-5V/1-5V/±5V/±10V/4-20mA)は、高精度(±0.05%フルスケール)、高速応答(1パルス方式6μs以下)ですので、急峻なトルク変動を詳細に計測する事ができます。1パルス応答の高速応答だけでなく、時間平均機能(20μs〜500ms間で11段階)、移動平均機能も装備されており、多様な計測用途に対応しています。
トルクモードでは、中心周波数を設定(1Hz〜125kHz)が設定できますので、各社トルクフランジのパルス信号を入力でき、1N・m〜100kN・mのトルク計測が可能です。
   
2ch高機能F/Vコンバータ。速度、偏差(回転ムラ)を同時に計測
  速度計測モードと偏差出力モード(または中心周波数自動追従モード)で、速度に比例した計測(出力)と回転ムラを同時に計測することができます。
また、A/B二相信号を入力できますので、逆転計測にも対応しております。
   
設定値のメモリー機能
  8セットの設定値ファイルを保存する事ができます。試験目的に応じた設定値の変更をする際、容易に設定変更が可能です。
   
コンパレータ出力、RS-232C通信、CAN通信を装備。イーサーネットにも対応(オプション)
  コンパレータ出力は2ch(HI/LO)出力でき、RS-232C通信、CAN通信(CAN2.0B 準拠)にも対応しております。
さらに、オプションにてEthernet通信が装備できます。
あらゆる計測対象をアナログで検証するだけでなく、デジタル出力が得られます。耐久性試験・信頼性試験ベンチなどにおいて、測定値のモニタリングをはじめ、設定値の変更が可能です。
   
電源はDCとAC(アダプタ)を供給
  電源は、DC9〜30V、またはACアダプタによりAC100〜240Vを供給できます。
 

 

  ( 481 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求