2入力伝達偏差計  「CRM-281」

 

ココリサーチ(株)

  東京都中野区中央3-40-4 新中野ココリサーチビル  TEL 03-3382-1021 FAX 03-3382-1200


2入力伝達偏差計  「CRM-281」   伝達誤差計測はこれで
2chの2相信号1MHzパルス入力


ID B001-04
製品名 2入力伝達偏差計  「CRM-281」
メーカー ココリサーチ(株)
概要 パルス出力型インクリメンタルエンコーダの2相信号やUP/DOWN信号などのパルス信号を2ch入力し、それぞれの積算値と2ch間の積算差を演算する伝達偏差計です。またCH A,CH Bそれぞれの速度とその速度差も同時に演算します。角度・回転速度表示だけでなくパルス数・周波数での表示ができます。演算のアナログ出力は更新速度100μs、8ch同時更新なので同一時間軸で積算値・積算差・速度・速度差の解析が可能です。

特長
2相信号max1MHz入力
  2相信号1MHzまで入力可能、内部で4逓倍して可逆計測、UP/DOWN及び単相入力は2MHz迄入力可能です。 パルス入力にはフォトカプラ差動ラインレシーバ回路を採用しているので、平衡入力においてコモンモードノイズに強く、かつアイソレーションしています。
   
2ch同時サンプリング
  CH A,CH Bのカウンタを同時に読み込むので、2ch間にはサンプリング時間差が少なく、 最大5μs以内です。
   
高速演算
  32bit RISC CPUの採用によりアナログ出力更新100μsを実現しました。
   
多形態入力信号対応
  ラインドライバ、その他一般の有電圧信号、無電圧スイッチ信号(オープンコレクタなど)も標準で入力できます。  2相信号とUP/DOWN信号の切替はプログラム設定により行い、信号形態の変更はコネクタ又は端子の結線を変更することにより行いますので様々な入力機器に対応できます。
   
速比設定
  CH Aの入力に対して速比を掛ける事により(下式参照)入力周波数が異なる場合でも積算差を演算できます。  CH A×R1/R2はCH AをCH Bに換算した値で、この値を設定により表示することでCH A,Bの状態を表示器で容易に比較できます。
   
16bit DAコンバータ採用
  CH A,CH Bそれぞれの積算、リングカウントそして速度の6出力とCH A-CH Bの積算差と速度差の2出力、これら合計8chを同時に高分解能で出力します。
   
ロギング
  データ記録用のメモリを搭載しているので測定値を記憶することができます。データはExcelなどで利用できるようにするための転送ソフトを標準で添付しています。

用途例 ●駆動パルスとパルスモータの負荷変動解析
●ベルト伝達装置の滑り・伸び解析
●ギヤの伝達誤差・応答・バックラッシュ解析
●加減速器の入出力間の伝達誤差解析
●同軸上の捩れ振動解析
●非接触センサと接触センサの比較評価
●2ch速度及び速度差計測


 

  ( 1,141 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求