磁気式ギヤ速度センサ  「FP12-50/FP16-50/FP12T-50」

 

ココリサーチ(株)

  東京都中野区中央3-40-4 新中野ココリサーチビル  TEL 03-3382-1021 FAX 03-3382-1200


磁気式ギヤ速度センサ  「FP12-50/FP16-50/FP12T-50」   感応距離の差が少なく、設置が簡単な磁気式ギヤ速度センサ


ID B001-05-01
製品名 磁気式ギヤ速度センサ  「FP12-50/FP16-50/FP12T-50」
メーカー ココリサーチ(株)
概要 FPシリーズは、2個のホール素子と、磁石とアンプ回路を使用した磁気回転センサです。磁性体の検出歯車等の回転による磁気変化を電気信号に変換して、ロジック信号で出力します。

特長
感応距離の差が少なく、設置が簡単
  検出はホール素子を2個使用し、磁性体の近接による2個の磁気変化を電気信号にするため、発電型の電磁ピックアップと違い感応距離の差が少なく、設置が簡単です。
   
完全密閉型一体構造の金属ケース
  センサ検出面は、完全密閉型一体構造の金属ケースで、高信頼性です。
   
フォトカプラを直接駆動可能
  供給電源とほぼ同じ電位の電圧出力タイプで、フォトカプラを直接駆動できます。
   
平衡伝送可能
  2チャネルの差動出力で、両チャネル使用すれば平衡伝送ができます。
   
ケーブル直出し方式
  ケーブル直出し方式のため高信頼です。ケーブルは2メートル、フレキシブルでしかも強い準ロボットケーブル仕様です。
   
広い電源電圧範囲
  広い電源電圧範囲で使用できます。(5〜15V)
   
歯車に限らず検出
  歯車に限らず、山と谷の差がある磁性体であれば検出できます。
   
モニタ用LEDで動作確認可能
  出力レベルのモニタ用LEDが側面にあり、動作確認ができます。
   
広温度範囲品ラインアップ
  広温度範囲−40℃〜+150℃対応FP12T-50をラインアップしています。

用途例 ●歯車の回転速度計測
●ラックの直線運動計測
●2歯歯車の段差をとらえ1回転2パルスからの回転速度計測
●穴の検知による回転速度計測



主な仕様
型式 FP12-50 FP16-50 FP12T-50
応答周波数範囲 1Hz〜30kHz
* 1Hz〜10Hzは、歯の形状により検出困難な場合があります。
使用温度範囲 -20℃〜+70℃ -40℃〜+150℃ ※注
外形寸法 M12×L:56mm
(M12 1mmピッチ)
M16×L:56mm
(M16 1mmピッチ)
M12×L:56mm
(M12 1mmピッチ)
ケーブル 2m
PVC2対(4芯)シールドケーブル
2m
耐熱150℃ 3芯シールドケーブル
保護等級 IP-67 準拠
※注)供給電源電圧DC5.5〜12Vの場合使用温度は、+120℃以下

 

  ( 1,012 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求