横河電機社製PLC FA-M3R用モジュール  「周波数入力演算モジュール FCFP21」

 

ココリサーチ(株)

  東京都中野区中央3-40-4 新中野ココリサーチビル  TEL 03-3382-1021 FAX 03-3382-1200


横河電機社製PLC FA-M3R用モジュール 「周波数入力演算モジュール FCFP21」   加速度・速度・カウント値計測

入力周波数0.05Hz〜100kHz


横河電機社製PLC 「FA-M3R」 の
入力モジュールの1つとして機能します。

 
横河電機社製PLC FA-M3R用モジュール 「周波数入力演算モジュール FCFP21」


ID B001-06
製品名 横河電機社製PLC FA-M3R用モジュール 「周波数入力演算モジュール FCFP21」
メーカー ココリサーチ(株)
概要 FCFP21はペリオマチック 方式でおなじみのココリサーチ株式会社が開発した横河電機(株)のパートナーシップの周波数入力演算モジュールです。
横河電機社製PLCのFA-M3Rの入力モジュールの1つとして機能し周波数計測を行います。
2チャネルのパルス入力を装備し、各チャネルの速度・加速度・カウント値を計測、合計6演算値をCPUで読み出すことができます。

特長
高速・高精度・高分解能
  最高0.5msの更新時間で、速いスキャンタイムにも対応できます。速度0.01%、加速度0.05%の高精度。パルス入力の分解能は28MHz、速度・加速度出力の分解能は16bit。高速カウンタと比較して、より精密な周波数計測が可能です。
   
FA-M3Rの特殊モジュールだから
  CPUモジュールから直接設定変更ができるほか、演算機能や通信機能などの拡張性を利用できます。
また、CPUモジュールでプログラムを組むことにより、2チャネルの平均や和、差、比率なども求められます。
   
広範囲計測 0.05Hz〜100kHz
  ペリオマチック方式を採用することにより、入力周波数0.05Hz〜100kHzの広範囲計測を実現。ペリオマチック方式とは、ココリサーチが独自に開発した周波数演算方式です。
一般的な周波数演算方式に比べ、低速計測の安定性、速度変動に対する応答性にすぐれています。
   
シンプル&高信頼性計測
  例えば従来の速度計測ではF/Vコンバータからの電圧信号をアナログ入力モジュールで計測していましたが、FCFP21ならばアナログ入力モジュールが不要になり、アナログ誤差や応答遅れがなくなります。更にシステムがシンプルになり信頼性が高まり、コストダウンにつながります。また、BCD出力I/Fを用いた場合複雑なシーケンスを組む必要がありましたが、FCFP21ではFCFP21側のタイミングにより計測値が更新されますので、CPUモジュールは計測値を読み出すだけとなります。

用途例 ●発電システムなどの速度計測
●加工機・押し出し機など産業機械の速度・位置計測
●回転機器の試験機
●工場の計測ライン


 

  ( 1,237 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求