解析用F/Vコンバータ  「KAZ-Mighty」

 

ココリサーチ(株)

  東京都中野区中央3-40-4 新中野ココリサーチビル  TEL 03-3382-1021 FAX 03-3382-1200


解析用F/Vコンバータ 「KAZ-Mighty」   0.23Hz〜250kHz 1パルス応答
解析用F/Vコンバータ


ID B001-16
製品名 解析用F/Vコンバータ  「KAZ-Mighty」
メーカー ココリサーチ(株)
概要 KAZ-723Aの上位機種。
2相信号(A/B相)入力が可能になりました。
測定範囲は0.23Hz〜250kHzと拡大し、計測分解能をKAZ-723より4倍(2.08ns)上げる事でさらに詳細な回転解析を行う事が可能となりました。
従来の僥機能に加え、僥 AUTO(偏差自動追追従)機能を追加。
定常速度の速度ムラを計測する際、中心値を自動設定する事が可能となりました。
FFT解析を行う前処理に使用する事で感度を上げて小さい変動まで計測する事が可能です。

特長
広範囲測定レンジ 0.23Hz〜250kHz
  入力周波数0.23Hz〜250kHzの広範囲速度計測が可能です。
Hz/rpm表示は設定により変更可能です。
   
偏差出力(僥)機能、偏差自動追従(僥 AUTO)機能
  従来の偏差出力(僥)機能に加え、偏差自動追従(僥 AUTO)機能が追加になりました。
回転解析を行う際、微小な変動もスケールを大きくして確認する事ができます。
FFT解析の前処理として使用する事で、FFTの感度を上げ、小さい変動まで精度良く計測する事が可能となります。
   
測定分解能2.08ns、演算時間6μs以下
  従来品に比べ測定分解能が4倍となっているので、さらに詳細な回転解析を行う事が可能となりました。
パルス入力、演算、D/A変換、アナログ出力までを6μs以内に行います。
   
設定値メモリ機能
  計測条件を最大8点まで記憶する事が可能です。
計測条件が多岐に渡る場合、設定値変更の工数を削減する事ができます。
   
デジタル出力
  今までのRS-232C(EIA-232C)に加え、CAN出力を追加しました。
また、オプションでEthernet機能を追加する事も可能です。
   
コンパレータ機能搭載
  今までの解析用F/Vコンバータには搭載されていなかったコンパレータ機能を搭載。
試験条件に合わせてアラーム出力を出す事が可能です。


 

  ( 2,025 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求