NEWALL ニューオール リニアエンコーダ/リニアスケール

 

コアーテック(株) (旧社名:エルゴナテック(株))

  神奈川県横浜市青葉区つつじが丘23-7-504  TEL 045-532-9822 FAX 045-989-0889


 Newall Technology
ニューオール社の電磁誘導方式リニアエンコーダは、計測に必要な電子部品は密閉された状態の小型で革新的なデザインを実現しています。リニアエンコーダは環境規格IP67に準拠し冷却水、オイルに完全に浸漬した状態での精度、信頼性を維持することが可能です。
このようなリニアエンコーダはニューオール以外存在しません。
 
 Scale
ニューオールのスケールは高精度のニッケルクロムボールがステンレスチューブ又は炭素繊維の中に実装された構造になっています。中に実装されたボールベアリングは温度をコントロールした環境の中で再現性を実現する為にプリロードが掛けられています。プリロードは温度変化によるスケール(ボール)の微小な延び縮みを押さえる効果があります。
 
 Reader Head
リニアエンコーダは電気回路と共に直列に接続されたコイルを組み込んでいます。全ての組立が完了した後、電子回路をエポキシ樹脂で完全に封止しています。

NEWALL ニューオール リニアエンコーダ/リニアスケール

 How Do They Work
ニューオールのセフィロシン、及びマイクロシンエンコーダは電磁誘導原理を使用しています。 10KHzの基本正弦波で1個のドライブコイルを駆動しケースの中に磁界を作り出します。これがスケールの中のニッケルクロムボールと相互作用します。
これをスケールに沿ってセンサーヘッドが移動する事により作り出される磁界の変化をケース内部の4個のピックアップコイルが読み取り、これを電気的に処理することによりスケールの位置に対応した位置信号を作成します。更に読み取った信号から位相をずらした信号を作り0〜360°の位置を特定します。
 


ID A032-28
製品名 NEWALL ニューオール リニアエンコーダ/リニアスケール
メーカー コアーテック(株) (旧社名:エルゴナテック(株))
特長
環境基準IP67完全対応(完全浸漬可能)
ほこり、ごみ、油、水等が予想される悪環境に対する適合性
機械的な摩耗が無い
特別な清掃等が不要
ショックや振動に対して強い
簡単な取付方法
光学式に比較して悪環境に強く、カバー等は不要
   
  Arrangement of Coils
Arrangement of Coils

Figure 2a
Figure 2a:4個コイル各々の波形
Figure 2b:A-C, D-Bコイル合成信号


Figure 3
Figure 3:90°位置違い(1/4 ピッチ違い)



インクリメンタルエンコーダの出力形態

センサーヘッドからの出力信号は 5V TTLの RS422 対応の差動矩形波をD-Sub 9ピンコネクターを介して出力されています。

A, B相信号に同期してリファレンス信号(RM, 一般的にはZ相)も出力されています。

インクリメンタルエンコーダの出力形態


アブソリュート
アブソリュート

ニューオールアブソリュートリニアエンコーダはスケールの管の中に収納されている精密なニッケルクロムのボールの間に独自の方法によりコードを記録した挿入子を入れることで絶対位置コードを電源投入と同時に出します。検出された信号をデジタル信号処理器(DSP)により処理し外部に出力します。

信号の出力方式は一般的にはRS232, RS422 ですがその他 ファナックインターフェース、及びSSI( Synchronous Serial Interface ) 等に対応したものもあります。

アブソリュート


NEWALL ニューオール リニアエンコーダ選定ガイド

選定表
測定長さ * 測定精度 ** 標準分解能 出力信号 エンコーダの機種
インクリメンタルリニアエンコーダ

単体スケール 12m

複合スケール 30m以上可能

±10μm 1μm TTL RS422 4相矩形波 SHG-TT
1μm〜0.1μm TTL RS422 4相矩形波 SHG-TS
5-30V (入力/出力) SHG-PV
5-30V (オープンコレクタ) SHG-PC
最大1m ±10μm 1μm〜0.1μm TTL RS422 4相矩形波 MHG-TT
±5μm 1μm〜0.1μm TTL RS422 4相矩形波 MCG-TT
アブソリュートリニアエンコーダ
最大3.5m ±10μm 1μm RS485 + RS422 4相矩形波 SHG-A4
SSI Binary + RS422 4相矩形波 SHG-AB
SSI グレイコード + RS422 4相矩形波 SHG-AG
RS232 + RS422 4相矩形波 SHG-A2
Faunc (ファナック仕様対応) SHG-AF
SSI グレイコードパリティチェック
+ RS422 4相矩形波
SHG-AS
最大3.5m ±5μm 1μm Distance-Coded TTL RS422 4相矩形波 SHG-TC

選定表 注記
全てのエンコーダはPLC, CNC, NC そして PC に接続できます。

機種の選定は以下の5項により行えます。

    1.  使用する機械により精密度は変わります。例えばのこぎり盤は研磨盤より精密要求は低くなります。
    2.  大きさの限界:小型のエンコーダは狭い取付スペースの機械に向いています。
    3.  測定長さによる選定
    4.  要求の分解能
    5.  外部出力

精度は1m長さにより定義されます。

* 長い測定距離もオプション対応します。
** 分解能と精度はオプション対応できます。ご相談下さい。

 

      お問合せ・資料請求