PRECIZIKA(プレシジカ) 光学式インクリメンタルリニアエンコーダ(リニアスケール) L18型

 

コアーテック(株) (旧社名:エルゴナテック(株))

  神奈川県横浜市青葉区つつじが丘23-7-504  TEL 045-532-9822 FAX 045-989-0889


PRECIZIKA(プレシジカ) 光学式インクリメンタルリニアエンコーダ(リニアスケール) L18型
  小型高精度ガラススケール測定 1VPP出力


ID A032-35
製品名 PRECIZIKA(プレシジカ) 光学式インクリメンタルリニアエンコーダ(リニアスケール) L18型
メーカー コアーテック(株) (旧社名:エルゴナテック(株))
概要 耐塵・耐クーラントシールされたリニアエンコーダL18は機械本体の重要部分の動作(変位)位置の値と動作方向を電気信号に変換する機能を持っています。

このエンコーダはガラススケールとボールベアリングでガイドされた測定ヘッドで構成され中空のハウジングに収められています。

クーラントと切粉等の厳しい環境の中で動作させるため、エンコーダケースはリップ状のシールを持っています。測定ヘッドの移動時にも追従してシールします。

清浄な空圧をハウジング内に供給することによりエンコーダの耐塵・耐クーラント能力はさらに向上します。

光電子式の読取りヘッドはサイン波出力又はTTL矩形波(RS422)の出力信号を発生します。

下記の3種類の出力信号が可能です。

L18-A: 11μAppのサイン波出力です。外部で電子的な細分化をして使用します。
L18-AV: 1Vppのサイン波出力です。外部で電子的な細分化をして使用します。
L18-F: 矩形波出力です。×1、×2、×5、×10、×25、×50の逓倍をして使用できます。



機械仕様
測定長(ML)mm 70; 120; 170; 220; 270; 320; 370; 420; 520; 620; 720; 820; 920; 1020; 1140; 1240
(中間寸法も製作します)
精度等級(1m 単位 20℃) ±10; ±5; ±3 μm (オプション)
ガラススケールのピッチ 20 μm; 40 μm (オプション)
原点位置(RI)
−標準測定長 ML ≦ 1020 mm
−標準測定長 ML > 1140 mm
−オプション

両端から35mm
両端から45mm
どの位置でも原点1個、又は2個以上の原点は50mmとびで設定
最大送り速度
−逓倍が1、2、5、10の時
−逓倍が25の時
−逓倍が50の時

1 m/s
0.5 m/s
0.4 m/s
シール抵抗 < 3N
保護等級(IEC529)
−空気与圧なし
−空気与圧時(オプション)

IP53
IP64
重量 0.4 kg + 0.8 kg/m
動作温度 0 〜 +50℃
保管温度 -20 〜 +70℃
振動許容値(40 to 2000 Hz) ≦ 30 m/s2
衝撃許容値(11 ms) ≦ 100 m/s2


機械仕様


 

  ( 3,390 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求