オートメーション・マシンビジョン向け 小型赤外線カメラ  「FLIR A65 / A35 / A15 / A5」

 

フリアーシステムズジャパン(株)

  東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル5F  TEL 03-6721-6648 FAX 03-6721-7946


オートメーション・マシンビジョン向け 小型赤外線カメラ 「FLIR A65 / A35 / A15 / A5」   赤外線サーモグラフィは世界中の様々な産業工程のモニタリングに利用されています。赤外線サーモグラフィを使うことで、熱電対温度計やビデオカメラのような従来の方法では難しかった製品の品質や生産効率に関するデータ収集が簡単にできるようになります。

FLIR Axx-シリーズは、熱画像による温度分布情報のみを必要とし、正確な温度計測は不要な場合に適したソリューションです。FLIR Axxシリーズは、PC上のソフトウェアを使ったデータ解析に慣れている人におすすめのカメラです。


ID F024-20
製品名 オートメーション・マシンビジョン向け 小型赤外線カメラ 「FLIR A65 / A35 / A15 / A5」
メーカー フリアーシステムズジャパン(株)
特長
お求めやすい価格
FLIR A5は非常にお求めやすい価格で提供しています。オートメーションやマシンビジョン環境に赤外線サーモグラフィの導入を検討している方におすすめです。
   
コンパクト設計 コンパクト設計
いずれの機種も非常にコンパクトに設計されており、マシンビジョン環境に簡単に統合できます。
   
選べる画質 選べる画質
FLIR A65は、640×512ピクセルのクリアな熱画像を生成します。これほどの高画質を必要としないユーザーは、320×256ピクセルのFLIR A35、160×128ピクセルの熱画像を生成するFLIR A15、または80×64ピクセルの熱画像を生成するFLIR A5をお選びいただけます。
   
GigE VisionTM 規格に準拠 GigE VisionTM 規格に準拠
GigE Visionは、ギガビットイーサネット通信プロトコロルより、低コストの標準的なケーブルを使用し、長距離の高速画像転送を可能にした新しいカメラインターフェース規格です。GigE Visionを使えば、各メーカーのカメラとソフトウェアをシームレスに統合できます。
   
GenICamTM プロトコロルをサポート GenICamTM プロトコロルをサポート
GenICamの目標は、あらゆる種類のカメラに対応する汎用プログラミングインターフェースを提供することです。インターフェース技術(GigE Vision、 Camera Link、1394 DCAMなど)の違いや実装されている機能に拘らず、プログラミングインターフェース(API)は共通となります。GenICamを使えば、カメラと他社製のソフトウェアを同時に使用することも可能です。FLIR Axxは、GenICamを通じてIMAQ VisionやHalconなどのソフトウェアパッケージとプラグ&プレイで連携可能です。
   
PoE(パワー・オーバー・イーサネット) PoE(パワー・オーバー・イーサネット)
PoE技術により、1本のケーブルでデータ収集と電力供給が可能です。
   
同期 同期
複数台のカメラが必要な場合や立体画像を撮影する場合、1本をマスター、他をスレーブに設定して同期することが可能です。
   
汎用入出力(GPIO) 汎用入出力(GPIO)
出力として動作する場合は他の機種の制御に、入力として動作した場合は同じ機種からの状態読み取りに使用できます。
   
広い対象物の温度範囲 広い対象物の温度範囲
FLIR Axxシリーズは、−40℃〜+550℃の範囲の温度を視覚化します。
   
温度分解能 0.05℃ 温度分解能 0.05℃
温度分解能は0.05℃未満で、画像の詳細まではっきりと確認でき、わずかな温度差も逃しません。




生産ラインの工程監視   生産ラインの工程監視   食品生産ラインの品質管理   食品生産ラインの品質管理
生産ラインの工程監視       食品生産ラインの品質管理    


ソフトウェアが付属
赤外線カメラFLIR Axxシリーズは、ソフトウェアFLIR
Toolsとシームレスに動作します。熱画像を表示し、解析できるFLIR Toolsには、時間と温度のプロット機能などが搭載されています。より高い機能性と、画像を記録できる機能を求めている方は、オプションのFLIR Tools+をお選びいただけます。
  ソフトウェアが付属


   

  ( 1,107 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求