遠赤外線セラミックヒーター FTE型他

 

日本ヒーター(株)

  東京都大田区京浜島2-13-15  TEL 03-3790-3111 FAX 03-3790-1711


遠赤外線セラミックヒーター FTE型他   アイルランド Ceramicx社製
遠赤外線放射セラミックヒーター

今までにないコスト・パフォーマンスを提供します。

赤外線石英ヒーターはこちら
ceramicx


日本ヒーター 2015年版 最新総合カタログ   日本ヒーター 最新総合カタログを差上げます!

会社概要から「液体加熱」・「金属加熱」・「気体加熱」・「温度制御機器」を写真・イラスト付で紹介しています。
また、関連する技術資料も多数収録しておりますので、エンジニアの方々にとってたいへんお役に立つ内容となっております。
型式/名称索引付で、打ち合わせの参考資料としても大変好評です。
是非とも実際にお手にとってご活用ください。 (A4 全260ページ)



ID E006-21
製品名 遠赤外線セラミックヒーター FTE型他
メーカー 日本ヒーター(株)
特長
セラミックヒーターは、発熱線をセラミックスの中に埋め込んでいるため、不純物の発生もなくクリーンであるとともに耐食性にも優れています。
   
使用温度には通電開始後10〜15分で到達します。
   
セラミックス社は赤外線加熱で豊富な実績と技術力を持つ、アイルランドのヒーターメーカーです。
   
CEマーキング対応製品です。
   
熱電対(KまたはJ)をヒーター内に内蔵できます。

主な用途
塗装・樹脂の焼付け、乾燥
開放された場所での暖房
塩ビ・アクリル等の予熱・軟化
食品の脱水
食品加工(調理用)



仕様
 電源 単相230V(200Vを印加するとワット数が約75%になります)
 形状 標準化したものを各種取り揃えています。
 被加熱物までの距離 100〜200mm程度を推奨します。
 放射する波長 表面温度にもよりますが、ピーク波長3〜6μmの中間から遠赤外線を放射します。


反射板 RAS・PAS
FTE・FQE専用の高反射率反射板

FTE・FQE専用の高反射率反射板
反射板に取り付けたセラミック・石英ヒーター

<手前から>
1)石英ヒーター    FQE×1台とRAS1
2)セラミックヒーター FTE×2台とRAS2
3)セラミックヒーター FTE×2台とPAS2
4)石英ヒーター    FQE×3台とPAS3
 
特長
セラミックス社では、最も需要の高いセラミックヒーターFTE型と石英ヒーターFQE型用に専用の反射板を用意しています。
反射板はアルミコーティングをしたスチール製です。表面を鏡面研磨加工していますので、高い反射率を誇ると共に反射笠の強度を確保しています。


用途
1.反射板(RAS)
後方に放射される赤外線も反射させて効率を高めます。
セラミックブロックの電源端子台とアース端子付で、300mmのリー ド線(耐熱被覆付)も付いています。背面のM6雌ネジで取り付けます。

2.プロジェクター(PAS)
反射板を筐体に組み込み、性能と共に安全性を向上しました。パイロットランプにより通電を確認でき、取付部背面への熱伝導を最小限に抑え壁面の過熱を抑えます。
例えばスプレーブース内での加熱など、スペースが限られる条件ではPASのスリムな形状が有効です。
また、常にドアが開いているような開放型の加熱エリアで、スペースが限られ断熱材を十分に設備することができない場所では、熱媒体を必要としない赤外線放射加熱を利用すると共に、後方への放射・熱伝導による過熱が抑えられ安全性が高くなります。
背面の取り付け用ブラケット(M6雌ネジ)で取り付けます。この取り付け用ブラケットにより角度調節も容易にできます。

 

  ( 556 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求