ローコスト3D画像検査装置  「3D-Eye5000シリーズ」

 

オプテックス・エフエー(株)

  京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館4F  TEL 075-325-2920 FAX 075-325-2921


ローコスト3D画像検査装置 「3D-Eye5000シリーズ」


3D食品検査とは?

食品製造ラインの外観検査として、3D検査をご提案いたします。

3D食品検査の特徴        
微妙な高さ欠陥を検出   コントラスト差がなくても検査可能   体積検査が可能


3Dでこんな検査・計測が行えます。
3Dカメラと2Dカメラの検査項目比較
3Dカメラと2Dカメラの検査項目比較
従来、「割れ」「欠け」「面積」「色」の検査は、2次元のカメラでワークの輪郭や色の変化をとらえ検査を行ってきました。
一方で、輪郭や色の変化が少ない「ヒビ」「凹み」「体積」の検査は不可能でした。
3次元カメラの場合、X、Y軸方向の検査に加えて、Z軸(高さ)方向の計測を行うため、「割れ」「欠け」「面積」はもちろん、「ヒビ」「凹み」「体積」の検査まで可能です。
高さデータを持たない汚れやムラなど「色」の検査は苦手としていますが、逆に色や光沢の影響を受けにくいため反射率の低い黒色ワークでも高精度な検査が可能です。
 
代表的な用途例
●クッキーや煎餅の割れ・欠け検査
●サンド系、パイ系菓子のサンド不良検査
●冷凍食品や加工食品の潰れ検査
●アイスクリームなどの充填量検査
●菓子・パンなどのデコレーション量(ゴマやナッツ)検査
●ハンバーグパテなどの体積計測
●ハム・ソーセージの外観不良検査
●魚や肉の体積計測による定貫カットなど
  代表的な用途例
 


3D食品検査の基本原理

3D画像検査の基本原理「光切断法」。
ライン状のレーザ光源を検査ワークに照射し、その反射光を高さデータ(プロファイル)として取得するのが、「光切断法」です。ワークとの距離は三角測量に基づいて測定します。
検査時にはワークを移動させることで、検査ワーク全体の計測を行い、3次元形状を取得します。
2次元カメラとは異なり、測定した高さデータにより外観形状を検査するため、背景と検査対象にコントラストが無くても高精度に検査が可能です。
光切断法


光切断法のメリット

●ワークの光沢や色の影響に強い
●高さデータを取得可能

光切断法

3D画像/プロファイル画像
1秒間でMax.5,000プロファイルの取り込みが可能です。例えば30m/分(500mm/秒)のライン速度なら0.1mm単位で取り込みができます。



3D食品検査の検査事例

外観形状検査から体積計測まで幅広い検査に対応。

スティックバー欠け検査

輪郭に違いが出ない高さ方向の欠けに対して、3D-Eye5000なら高さデータが基準値未満と認識し、NGと判別できます。

  スティックバー欠け検査
スティックバー(欠け) 3D画像 検査画像
クッキーの割れ検査

しきい値以上の割れ目を「欠け」と判別し、クッキー表面の穴は検出せずに割れ不良を検査します。
  クッキーの割れ検査
クッキー(割れ) 3D画像 検査画像
せんべいの膨張検査

2次元では分からないせんべい表面の膨張(膨らみ過ぎ)を、高さデータを取得することで検査します。
  せんべいの膨張検査
せんべい(膨張) 3D画像 検査画像
クッキーサンド不良検査

サンドクッキーのクリームのはみ出しやクッキーの上下ズレなどを高さ・面積を基準にOK/NG判別が可能です。
  クッキーサンド不良検査
クッキー(サンド不良) 3D画像 検査画像
冷凍食品潰れ検査

冷凍食品のコロッケの大きさを計測。トレー詰めができない高さのNG品やつぶれ等の形状不良を検査します。
  冷凍食品潰れ検査
冷凍食品(潰れ) 3D画像 検査画像
ハンバーグの体積検査

ハンバーグパテの体積を計測。基準外の製品をNGとするほか、解析機能を使用して統計をとることができます。
  ハンバーグの体積検査
ハンバーグ(体積) 3D画像 検査画像
 



3D×食品検査ガイドブック

食品の外観チェック、できていますか?
食品製造ラインでは、食品の割れ・欠け、潰れや大きさ不良など、外観に関わる欠陥がつきものです。
目視検査で対応できる欠陥には限りがあり、2次元カメラでの画像検査でも「高さ方向」が計測不可能なため、微細な欠陥は見ることができませんでした。
そこで、食品外観検査の新提案として、「高さ方向」が検査可能な"3D食品検査"をご提案いたします。
当資料は、3D食品検査の測定原理や2次元カメラとの比較、様々な食品の測定事例を掲載しております。

こんな検査・計測が行えます

掲載内容

(1) 食品製造ラインにおける主な検査
(2) 食品外観検査は、なぜ目視検査が主流なの?
(3) 3D×食品検査という新提案
(4) 測定事例(割れ欠け検査)
(5) 測定事例(膨張検査)
(6) 測定事例(ズレ・形状不良検査)
(7) 測定事例(寸法検査)
(8) 測定事例(体積計測)
(9) 品質管理について(データ記録・統計解析)
(10) 検出アルゴリズム

  3D×食品検査ガイドブック

3D食品検査ガイドブックのお申込はこちらから
 

 

  ( 678 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求