メガピクセル文字認識画像センサ  「MVS-OCR2シリーズ」

 

オプテックス・エフエー(株)

  京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館4F  TEL 075-325-2920 FAX 075-325-2921


メガピクセル文字認識画像センサ 「MVS-OCR2シリーズ」  
クラス最安値
文字認識カメラユニット
MVS-OCR2:標準価格298,000円(税別)
   
コントローラ
MVS-DN:  標準価格100,000円(税別)


印字事故ゼロへ。
  従来比8倍の解像度
  安定検出を実現し、誤認識を防ぐ様々な機能
  かんたん導入
らくらく運用


メガピクセル文字認識画像センサ 「MVS-OCR2シリーズ」
メガピクセル文字認識画像センサ 「MVS-OCR2シリーズ」 カメラユニットにCPUを搭載することで、高感度CMOSで撮影した画像を、高速・高精度に演算・処理できます。
メガピクセル文字認識画像センサ 「MVS-OCR2シリーズ」

高解像度でかんたん操作を実現した
メガピクセル印字検査カメラ

印字検査機出荷台数 世界No.1メーカーであるオプテックス・エフエーが、新たに開発した『MVS-OCR2』シリーズ。読取能力と操作性が飛躍的に向上した上、かんたん導入・らくらく運用を実現しました。
新世代印字検査カメラとして食品製造現場の幅広い印字検査ニーズに対応するとともに、業界のプライスリーダーとして貴社の導入コスト低減に大きく貢献します。
  印字検査機出荷台数 世界No.1


ID A063-40
製品名 メガピクセル文字認識画像センサ  「MVS-OCR2シリーズ」
メーカー オプテックス・エフエー(株)



    従来比8倍の解像度を実現
NEW

高解像度化により、正確な印字検査が可能
イメージセンサのメガピクセル化により、従来比8倍の解像度を達成。読取能力が格段に向上したので、 より正確な印字検査を実現しました。

高解像度化により、正確な印字検査が可能

 
より広い視野での検査が可能
解像度の向上により2倍以上の視野を実現。
一列に長い印字や、通過位置が一定しないラインでの印字検査を可能にしました。
より広い視野での検査が可能


    MVS-OCR2の文字認識検査

読み取った文字をセンサ内部の辞書データと比較し、その中から最も近い文字を選択、その選択した文字が全て正しければOK、1文字でも一致しなかったらNGとすることが可能。印字間違いや文字欠け/文字抜けといった印字不良を未然に防止することができます。

MVS-OCR2の文字認識検査


    新アルゴリズムによる文字切り出し

照明ムラに強い
MVS-OCR2の最新アルゴリズムは照明ムラにも強くなっています。
不測の事態により、照明の状態が変動してしまった場合でも誤作動しにくくなっています。

照明ムラに強い



    安定検出を実現し、誤認識を防ぐ様々な機能

連箱警報
ワークが隙間なく連続して搬送されると同期センサが1回しかONしないため、2つ目のワークの印字は検査されません。MVS-OCR2なら設定値「トリガチェック」により、同期信号の幅により警報を出力することが可能です。
  連箱警報

     
文字の読み飛ばし
通常の文字認識カメラでは、検査ウィンドウ内に不要な文字があると誤判定しますが、MVS-OCR2なら不要な文字を読み飛ばすことが可能。微妙な位置ズレ等により不要な文字がウィンドウ内に入ってきても、安定した印字検査が可能です。
  文字の読み飛ばし
     
傾いた文字の補正
高速ワークにインクジェットプリンタで印字すると、文字が傾いて印字されることがあり、画像センサで認識すると印字内容が正しくてもNGと判定してしまいます。MVS-OCR2なら設定値「文字傾き」や「文字傾き補正」により、傾いた文字を補正して認識可能です。
  傾いた文字の補正
     
回転補正
ワークが回転して流れてきても、設定値「回転補正範囲」により、検査ウィンドウ内で正位置に補正して判定することが可能です。(補正範囲:最大±14.0°)
  回転補正


    かんたん導入・らくらく運用

3ステップセットアップ  
機能UP
画面に表示されるとおりの手順で進めていけば、設定が完了できるセットアップ機能を搭載。設定のし忘れや見落としがなくなるので、誰でもミスなく設定することが可能です。また、設定ステップはわずか3ステップと、従来機種より大幅に少なくすることに成功。セットアップに要する時間も短縮できます。
  3ステップセットアップ

     
オートティーチ  
機能UP
正確な検査には最適な設定が必要です…文字のサイズや太さ、日付の並び順やフォーマット、etc.。それらを自動で設定するのがオートティーチ機能。時間のかかる項目別の設定が、わずか数秒で完了でき、また誰が操作しても最適値に設定できるユーザフレンドリ機能です。
  オートティーチ
     
内蔵辞書
各種プリンタのフォントデータを内蔵しているので、煩わしい辞書登録作業が不要。導入時の設定にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。
  内蔵辞書
     
フォーカスモニタ  
NEW
画像センサに慣れていない方が、意外に手間取るのがピント調整です。MVS-OCR2では画面のゲージを見ながらピント調整ができるフォーカスモニタを新たに搭載。誰でもらくらく と調整ができるようになりました。
  フォーカスモニタ
     
日々の運用もらくらく:オートカレンダ
時間経過で年月日や時刻の印字が更新されても自動で追従。印字内容が変わるたびに再設定する必要はありません。
  日々の運用もらくらく:オートカレンダ


    オールインワン・コントローラ

マルチカメラ接続 & 3ch独立トリガー
コントローラ1台にカメラユニットを3台接続可能。コントローラのコストはカメラユニット3台使用なら1台あたり1/3になるのでローコスト化に貢献します。また、各カメラユニットに同期信号を個別に入力できる3ch独立トリガー機能を搭載。それぞれ異なるタイミングで撮影することが可能です。
  マルチカメラ接続 & 3ch独立トリガー

     
コードリーダとの接続でバンク切換が可能
コードリーダのCLVシリーズやICRシリーズをコントローラに接続すれば、自動でバンクの切換(設定の呼出)が可能。製品のバーコードを読み取ることによりバンクを切り換えるので、多品種集合ラインの印字検査で品種ごとに印字内容が異なる場合に有効です。
もちろんPLCは不要なので、検査システムをかんたんに構築することが可能です。
  コードリーダとの接続でバンク切換が可能


    アプリケーション

アプリケーション
カートンの印字検査
(広い視野)
ピロー包装機での印字検査
(小さく横長の印字)
個装箱の印字検査
(通過位置が一定しない場合に)

アプリケーション
ラベラーでの賞味期限印字検査 チューブの賞味期限印字検査 容器の賞味期限印字検査

 
 

  ( 3,805 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求