形状測定センサ  「LSシリーズ」

 

オプテックス・エフエー(株)

  京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館4F  TEL 075-325-2920 FAX 075-325-2921


形状測定センサ 「LSシリーズ」



  高さと幅を、ライン光で
高速・高精度測定。


部品や素材の品質管理に求められる全数形状測定を、あらゆる製造ラインへ。
LSシリーズは、スポット光のレーザセンサやマシンビジョンでは不可能だった高精度2次元計測を、圧倒的な高速性とコストパフォーマンスで実現しました。
部品計測に新たなカテゴリを切り拓く、新世代の形状測定センサです。
 
  独自方式により高速・小型・低価格を実現

撮影画像を距離に変換する演算処理「射影変換」を行うことで、高さ・幅ともに高精度に測定可能です。また他社機では全画素に対して行う射影変換を三角測量後に行う独自方式により、処理量を大幅圧縮し、高速化を実現。処理装置の小型化により、コンパクト・ローコストな製品を実現しました。
 






ブレーキパッド部品の高さ測定

ブレーキの摩耗を知らせる金属部品PWI(Pad Wear Indicator)の先端とブレーキ面との相対位置(高さ)を測定します。



基板の二枚送り検知

上下2台で厚み測定していた変位センサと比べて、LSシリーズでは横方向から一台で測定でき、取り付け・設計が容易です。


シール剤の塗布位置・量検査

塗布直後に幅と高さを測定することで、適切な塗布量・塗布位置をすぐにフィードバックできます。


自動車のドア隙間・段差検査

自動車にドアを組み付けた際の精度確認を行うため、ドアと車体の隙間や段差を 短時間で非接触測定します。




ID A063-42
製品名 形状測定センサ  「LSシリーズ」
メーカー オプテックス・エフエー(株)


LSシリーズの機能紹介

    簡単セッティング

LSシリーズでは、「撮像」 「プロファイル」 「エリアの計測・演算」 「結果判定・出力」 と4つのステップで、簡単に設定を行えます。

簡単セッティング
簡単セッティング


    高精度・安定測定のための機能

4つの撮影モード

標準の「高精度モード」、4倍速の「高速モード」、明るさのレンジを広げる「HDRモード」、ノイズを低減する「NRモード」と、安定撮像を可能にする4つの撮像モードを用意しています。

つの撮影モード
  つの撮影モード



    多彩な測定内容(一例)

多彩な測定内容



    簡単設定のPCソフトウェア




LSシリーズの設定をPCで簡単に行えるソフトウエアを標準で付属しています。

●マスクやエリアの領域設定も簡単操作
●全設定を通信(RS-485)で設定可能
●プロファイルも高精度に出力可能
●高価な専用ディスプレイは不要

※PC接続ケーブル(オプション)が別途必要です。


メイン画面   計測画面
■メイン画面
測定結果とプロファイルを確認できます。
ホールドやトリガの確認もこの画面から可能です。
  ■計測画面
設定画面は画面左のタブでカテゴリ表示されます。 このタブを上から順に選ぶことで設定が完了します。


 

  ( 2,303 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求