ローコスト3D画像検査装置  「3D-Eye30シリーズ」

 

オプテックス・エフエー(株)

  京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館4F  TEL 075-325-2920 FAX 075-325-2921


2つのCMOSセンサとパターンプロジェクタを搭載。


ローコスト3D画像検査装置 「3D-Eye30シリーズ」  
ランダムドットパターンの投影により
3D画像処理が可能
堅牢なアルミニウム製ハウジング
USB2.0インタフェース


ID A063-44
製品名 ローコスト3D画像検査装置  「3D-Eye30シリーズ」
メーカー オプテックス・エフエー(株)
特長
測定原理(三角測量)
 
ランダムドットパターンを投影した検査対象を2つのカメラで違う角度から撮影し、三角測量に基づき、検査対象との距離を測定します。
また、ランダムドットパターンは赤外光なので、外乱光に強い測定が可能です。
  測定原理(三角測量)
 
 
マルチカメラ接続が可能
  ステレオカメラはその原理上、測定できない個所(死角)ができてしまいます。
3D-Eye30ではカメラを複数台組み合わせる”マルチカメラ接続”により死角を減らすことが可能です。
また手間のかかるマルチカメラのキャリブレーションも、専用ソフトでかんたんに行えます。
カメラが1台だと、死角ができてしまう   カメラを2台にすれば、死角を減らすことが可能
カメラが1台だと、死角ができてしまう   カメラを2台にすれば、死角を減らすことが可能
 

軽量&コンパクト
  ステレオカメラとして、軽量・コンパクトを実現しています。
軽量&コンパクト
   
専用アプリケーションソフトウェア
  設定・調整がかんたんな専用のアプリケーションソフトウェアを新たに開発。
導入時の時間を省きます。

PCソフト画面例   3Dレンダリング画像例
PCソフト画面例   3Dレンダリング画像例



アプリケーション

箱内の定位置・定量確認   クランプ部品姿勢検査   カプセル薬封入検査   ブレーキパッドの着座確認
箱内の定位置・定量確認   クランプ部品姿勢検査   カプセル薬封入検査   ブレーキパッドの着座確認


 

  ( 301 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求