三次元測定機・工作機械プローブ用スタイラス

レニショー(株)

東京都新宿区四谷四丁目29-8  TEL 03-5366-5317 FAX 03-5366-5329


三次元測定機・工作機械プローブ用スタイラス   スタイラスは、センサーと測定物の間の不可欠な仲介役で、あらゆる測定に不可欠な要素です。スタイラスは、パーツの形状を測定し、表面の位置をプローブに忠実に伝達する必要があります。高精度の検査を行うためには、スタイラスは測定要求に合った材質で、高精度の部品から構成される必要があります。適切なスタイラスを慎重に選択して使用することで、不確かさを低減し、一貫して信頼できる結果を得ることができるようになります。パーツの公差が厳しい場合に、長いスタイラスを使用するには、精度に対するスタイラスの選択の影響を慎重に考慮する必要があります。


ID I006-04
製品名 三次元測定機・工作機械プローブ用スタイラス
会社名

レニショー(株)



主なスタイラス種類
  ストレートスタイラス   スタースタイラス
ストレートスタイラス スタースタイラス
  ポインタースタイラス   セラミック製ホローボールスタイラス
ポインタースタイラス セラミック製ホローボールスタイラス
  ディスクスタイラス   シリンダースタイラス
ディスクスタイラス シリンダースタイラス


工作機械プローブ用スタイラス

工作機械プローブ用スタイラス
  三次元測定機プローブ用スタイラス

三次元測定機プローブ用スタイラス


スタイラスの選択
スタイラスの選択   A = 球直径
B = 全長
C = 軸径
D = 有効長


スタイラス選択の方法
次のいくつかの規則を考慮することにより、多くの計測アプリケーションで最大限の精度を得ることができます。

1. スタイラスの曲がりやたわみが大きいほど、精度は悪くなります。どのようなアプリケーションでも、できるだけ短いスタイラスでの測定をお勧めします。
   
2. スタイラスの組み合わせやエクステンション接続等、パーツを接続するたびに、曲がりやたわみ発生の可能性が高まっていきます。アプリケーションに対して可能な限り最小限のパーツ数で使用することをお勧めします。
   
3. ルビー球はできるだけ大きくこれについては、次のいくつかの理由があります。
 
  • 球と軸のクリアランスを大きくすることで、スタイラス軸部で測定してしまう可能性が低くなり、最大限の有効長を得ることができます。
  • 大きな球を使用することで軸径を太くできるため、スタイラスの剛性を強くすることができます。
  • より大きな球を使用することにより、測定ワークの表面仕上げの影響が少なくなります。

スタイラス選択の方法

  ( 8,345 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求