RESOLUTETM 光学式アブソリュートエンコーダ(リニアスケール・ロータリースケール)

レニショー(株)

東京都新宿区四谷四丁目29-8  TEL 03-5366-5317 FAX 03-5366-5329


RESOLUTE 光学式アブソリュートエンコーダ   汚れに対する高い耐性を備え、優れた仕様で位置決めフィードバックの新天地を開く、革新的で新しい真のアブソリュートファインピッチ光学式エンコーダが、RESOLUTE です。


ID I006-09
製品名 RESOLUTETM 光学式アブソリュートエンコーダ(リニアスケール・ロータリースケール)
会社名

レニショー(株)

特長

モーションコントロールパフォーマンス

モーションコントロールパフォーマンス
モーションコントロールパフォーマンス
RESOLUTE の優れた性能は、最先端の信頼性が高く、全く独自な動作方法によるものです。RESOLUTE は、繰返しのない長いバーコードで構成されるスケールの写真を撮る超高速ミニチュアデジタルカメラと考えることができます。

モーションコントロールパフォーマンスRESOLUTE は、この写真を分析して、1ナノメートル(1メートルの10億分の一)という微小な分解能により、極めて低いノイズ(ジッタは7nm RMS)とわずか±40nmのSDE(サブディビジョナルエラー、つまりスケールの格子周期の誤差)で、その位置を判定します。これにより、優れた信頼性のエンコーダフィードバックが提供され、スムーズな速度制御と確実な位置決め安定性が得られます。


高速アブソリュートエンコーダ

RESOLUTE は、独自の動作方法により、高速動作を実現しています。最大表面読み取り速度は100m/sで、52mmの RESA リングの36,000rpmに相当します。驚くことに、1ナノメートル(または52mmのリングの27ビット)という微小な分解能でも、この高速性を実現することができます。
リニアエンコーダの定格最大動作速度は100m/sです。角度位置決め用エンコーダの定格最大動作速度は、リングのサイズに依ります。
 

高分解能のアブソリュートエンコーダ

高度な光学式検出方法を使用することで、スピードを損なうことなく、非常に高い分解能を実現することができます。
 

リニアアブソリュートエンコーダの分解能

RESOLUTE のリニアアブソリュートエンコーダバージョンは、1nm、5nm、50nmの分解能オプションを標準装備しています。
 

ロータリー(角度位置決め用)アブソリュートエンコーダの分解能

RESOLUTE のロータリー(角度位置決め用)アブソリュートエンコーダバージョンは、使用するプロトコルに応じて各種の分解能を使用できます。

BiSSバージョンには、32ビット(4,294,967,296 カウント/1回転)、26ビット(67,108,864カウント/1回転)、18ビット(262,144カウント/1回転)の分解能を使用できます。32ビットプロトコルの BiSS バージョンは、エンコーダのノイズフロアを下回る微小な分解能を提供することに注意してください。

FANUC バージョンには、27ビット(134,217,728カウント/1回転)と23ビット(8,388,608カウント/1回転)を使用できます。27ビットの分解能は、新しい Fanuc コントローラのみに使用できることに注意してください。
 

高精度アブソリュートエンコーダ

高精度アブソリュートエンコーダ
高精度アブソリュートエンコーダ
RESOLUTE には、リニアとロータリー形式の各種高精度スケールを使用できます。多くのエンコーダユーザーに、精度±5µm/mの FASTRACKTM RTLA リニアテープスケールと汎用性の高い RESA リングはご満足いただけるはずです。さらに高い精度をお求めであれば、レニショーでは、サブミクロンの精度が保証された RELA Invar リニアスケールと、取り付け精度1角度秒未満のロータリー REXA リングも製造しています。

レニショーでは、高い測定精度が必要な長距離アプリケーションに、RSLA 高精度ステンレススチールリニアスケールの使用を推奨しています。RSLA は業界で初めて、5mで±4µm以内の測定精度(勾配とリニアリティーを含む)を提供します。RSLA はリール巻き式で、保管と取り扱いが簡単ですが、これを伸ばせばスケールとして機能します。
 

汚れに対する高い耐性

汚れに対する高い耐性
RESOLUTE は、最先端DSP(デジタル信号プロセッサ)を使用して写真を分析し、コードの冗長性と相互参照、焦点や動きによるブレといったあらゆる複雑な側面を解読することで、汚れや異物の影響を排除します。ここでは、非常に高度な分析を行うため、コードの一部が微小異物に完全に覆い隠され、肉眼では判別できないような位置を計算するだけでなく、さらに他のエンコーダではミスカウントやアラームが発生する油汚れの散乱光の影響にも対応することができます。3つの写真は、クリーンな状態(上)、微小異物(中)、および油汚れ(下)がついた状態を示します。3つの全てのケースで、絶対位置を確認できます。
 

大きなセットアップ公差

大きなセットアップ公差
RESOLUTE は、2つのトラック(1つはインクリメンタル、1つはアブソリュート)を横に並べて配置する従来の方法を採っていないため、そのわずかな角度のずれによる位相のずれによる問題がありません。代わりに、この新しいアブソリュートエンコーダは単一トラックのオプティカルアブソリュートスケールを使用して、絶対位置と埋め込み位相情報を 1つのコードに組み合わせています。この方法により、RESOLUTE で全ての方向でのより広いセットアップ公差が得られ、短時間で簡単に取り付けられるだけでなく、経時変化に対しても信頼性がある出力が得られます。さらに、取り付けの正確さを簡単に診断するためにセットアップLEDがリードヘッドに組み込まれています。

 


Flash Player


  ( 722 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求