TIAポータル STEP 7(PLCエンジニアリングツール)

 

シーメンス(株)

  東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティー大崎ウエストタワー  TEL 03-3493-7311 FAX 03-3493-7366


TIAポータル STEP 7(PLCエンジニアリングツール)   統合エンジニアリングフレームワークを実装した次世代ソフトウェアプラットフォーム


ID C006-34
製品名 TIAポータル STEP 7(PLCエンジニアリングツール)
メーカー シーメンス(株)
概要 1.統合エンジニアリング
TIA(Totally Integrated Automation)ポータルは、安全制御、セキュリティPLC、HMI 、ドライブ、スイッチングハブ、リモートIO、モーションコントロールなど、オートメーションプロジェクトのすべてに重要な構成要素を、単一フレームワークに統合することにより、製品化までの時間を短縮します。また、共有データベースとライブラリコンセプトは、さらなる効率化を実現します。

2.直感操作と効率の良いエンジニアリング環境
TIAポータルは、システムの透明性、インテリジェントなユーザーナビゲーション、分かりやすい作業フローによって、すべての作業と設計ステップにおいて優れたパフォーマンスを提供します。「ドラッグ&ドロップ」、「コピー&ペースト」、「オートコンプリート」などの機能により作業がはるかに迅速かつ容易になります。

3.国際標準規格IEC61131-3に準拠したプログラム
LD、FBD、ST、IL、SFCの5言語(STEP 7 Professional)に対応しています。

特長
構造化プログラミングコンセプト
  SIMATIC PLCでは、1本のラダープログラムから本格的な構造化プログラミングまでをアプリケーションに応じて使い分けることが可能です。
国際規格のPLCプログラミング手法に基づいたコンセプトでプログラムのデバックや保守、再利用性の向上に大きく貢献します。
   
ライブラリコンセプト
  ライブラリにはPLCプログラムブロックの他に、テクニカルオブジェクト(PID、モーション)、ユーザーデータタイプ、ハードウェア構成/パラメータ設定、タグテーブル、HMIタグ、HMI画面等を格納できます。これらを標準化することで、設計時間の削減と立ち上げ時の負荷を軽減できます。
   
バーチャルコミッショニング
  PLCSIM Advanced(S7-1500のみ対応)はPLC間通信、TCP/IP通信(Modbus TCP、Web サーバー)、OPC UA通信に対応したPLCのシミュレーションソフトです。また、APIを使って外部ツールとバーチャルコミッショニングを行うことができ、設計や立ち上げ時間の短縮に貢献します。
   
チームエンジニアリング
  マルチユーザーエンジニアリング機能によって1つのプロジェクトに複数のエンジニアが同時にアクセスできるため、大幅なエンジニアリング工数の短縮を実現します。
   
クラウドコネクタ
  エンジニアリングツールを1つに管理することで、オンサイトとオフサイトのソフトウェアバージョンの不一致や、個々の環境でのバージョンアップデート等の面倒な作業はなくなります。現地立ち上げ時にはクラウドコネクタを使ってオフサイトのTIAポータルに接続し、現場のPLCへのオンラインモニタ、アップロード・ダウンロードが可能です。
   
オープネス(API)
  TIAポータルのオープネス機能を使って、EPLAN、Mathworks、TIA Selection Tool、その他サードパーティ製品のハードウェア/ソフトウェアのインポート/エクスポートが可能です。また、外部ツールからプログラムの生成やプロジェクトのオンラインモニタ、ダウンロードが可能となり、設計工数の短縮を実現します。



製品群
STEP 7 Basic
SIMATIC S7-1200 シリーズ専用エンジニアリングツール。LAD / FBD / STをサポートしています。
 
STEP 7 Professional
SIMATIC S7-1500、S7-1200、S7-300、S7-400、WinAC、およびET 200 CPU用エンジニアリングツール。ラダーなど標準3言語に加え、シーケンシャルファンクションチャート(SFC)、インストラクションリスト(IL)をサポート。全IEC言語に対応します。


STEP 7のメリット
たとえば、こんな経験はありませんか?
「タッチパネルの画面のデータと、PLCのアドレスデータをシンクロさせるのにいつも苦労する・・・」
「PLC制御プログラムを複数のエンジニアで開発すると、データ領域の持ち方やアドレスの割り振りをエンジニア間で調整しなくてはならず、工数がかかる・・・」
「調整しないで進めると、二重作業や整合性チェックに後がかりの工数がかかる・・・」
「PLCの診断情報を簡単に画面で表示できない・・・」

こんなとき、STEP 7の「共通データマネジメント」が、すべて解決してくれます。 PLCも、タッチパネルも、インバータも、パラメータやアドレス・診断データはすべて1つのデータベースで共有。
お客様がデータの同期・整合性を考える必要はありません。
センサーからMES/ERPレベルまでを一貫供給できるメーカーとしてのメリットを最大限に享受していただけます。
STEP 7のメリット

STEP 7のメリット


 

  ( 1,151 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求