キー付セーフティドアスイッチ  「SG-B2」

 

パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))

  マーケティング統括部 愛知県春日井市牛山町2431-1  TEL 0120-394-205 FAX 0120-336-394


キー付セーフティドアスイッチ 「SG-B2」   機械安全および安全方策における課題は
キー付セーフティドアスイッチで解決!
レコグニション TUV認証 CEマーキング適合


ID C002-108
製品名 キー付セーフティドアスイッチ  「SG-B2」
メーカー パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))
特長
機械安全および安全方策における課題はキー付セーフティドアスイッチで解決!
  機械安全および安全方策における課題はキー付セーフティドアスイッチで解決!
キー付セーフティドアスイッチSG-B2シリーズは、キーでドアを施錠・解錠します。
危険区域内にキーを持ち込んでいる間はセーフティドアスイッチがロックせず、装置も停止状態なので、危険区域内の閉じ込め防止や、装置の起動を防止し、作業者の安全を確保します。
   
ホステージ制御
  装置やロボットは防護扉(ガード)により危険源が隔離されています。
作業者はキーでドアロックを解除、装置を起動不可の状態とした後、そのキーを抜いて危険区域に持込み作業します。
作業者が扉の外に出てキーでロック状態にしない限り装置も停止状態なので、キーを持っている作業者は危険区域内でも安全に作業できます。
※ホステージ制御: 上記のような使い方をすることから、このキーを「ホステージ(hostage:人質)キー」と呼び、ホステージキーを使った作業者の安全確保の方法を「ホステージ制御」と呼んでいます。
ホステージ制御
   
部分モード切替
  装置やロボットは防護扉(ガード)により危険源が隔離されています。
作業者はメンテナンス時に危険区域内で作業する際、[1]キーで防護扉(ガード)のロックを解除、装置を起動不可の状態とした後、そのキーを抜いて危険区域内に持込み、[2]個々の装置をメンテナンスモードに切替えます。
作業者が危険区域内で保守作業を行なっている間、防護扉(ガード)はロックせず、装置も運転モードにならないので、作業者は危険区域内でも安全に作業できます。
部分モード切替
   
省エネ・電源不要
  扉の施錠・開錠はキー操作で行ないますので、セーフティドアスイッチへの電源供給は不要です。
   
操作ヘッド部外れ検出機能装備
  操作ヘッド部の取付方向変更時など操作ヘッド部を外している時に、モニタ回路(41-42)がOFFとなる"操作ヘッド部外れ検出機能"を搭載しました。
通常のキー操作では同じ動作となるモニタ回路(41-42)とモニタ回路(51-52)が操作ヘッド部を外すと、不一致(41-42:OFF、51-52:ON)となります。
この接点の不一致状態を利用することで操作ヘッド部の外れを検出することができます。
操作ヘッド部外れ検出機能装備
(注1):操作ヘッド部外れ検出機能は直接回路動作機能ではありません。
 
 
キーはセキュリティ性の高い ピンタンブラー構造を採用
  キーはセキュリティ性の高い ピンタンブラー構造を採用
 
 
裏面ロック解除ボタン付タイプを用意
 
裏面ロック解除ボタン付タイプを用意   裏面ロック解除ボタンタイプは、万が一危険区域内に作業者が残された場合でも扉のロックを解除できます。
 
 
全機種ケーブル引き出しタイプ
アース配線不要の二重絶縁構造
機械安全のための組み合わせ例
  セーフティコントローラは、ISO 13849-1のPLeに対応した安全回路ロジックを内蔵し、様々な装置に対応する安全回路がプログラム作成不要で、簡単に構築できます。

全機種ケーブル引き出しタイプ アース配線不要の二重絶縁構造 機械安全のための組み合わせ例
 
  

 

  ( 3,559 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求