アンプ分離型デジタルレーザセンサ  「LS-500シリーズ」

 

パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))

  マーケティング統括部 愛知県春日井市牛山町2431-1  TEL 0120-394-205 FAX 0120-336-394


業界最小 レーザセンサヘッド
LASER CLASS 1


  透過型
M6ヘッドONタイプ
LS-H101
透過型
角型サイドONタイプ
LS-H102
同軸反射型
LS-H201
同軸ミラー反射型
LS-H901
アンプ
LS-501
LS-501-C2
透過型 M6ヘッドONタイプ LS-H101 透過型 角型サイドONタイプ LS-H102 同軸反射型 LS-H201 同軸ミラー反射型 LS-H901 アンプ LS-501 LS-501-C2

CE ※1   FDA ※2
※1 EMC指令適合 ※2 規則適合 ※2013年5月、アンプ分離型レーザセンサヘッドとして、当社調べ


ID C002-112
製品名 アンプ分離型デジタルレーザセンサ  「LS-500シリーズ」
メーカー パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))


 特長

SUSボディの採用。
取付時、メンテナンス時にぶつけても壊れにくい。
[透過型M6ヘッドONタイプ LS-H101]


M6、1点留めを採用

取り付けしやすい構造。

M6、1点留めを採用
 
 
 
検出距離1mを実現
[透過型角型サイドONタイプ LS-H102]


位置決めが簡単に
光軸調整スクリーンに映った赤色スポットを見ながら、最適な受光位置がひと目で確認できます。

検出距離1mを実現

2点留めを採用
アンプ内蔵・超小型レーザセンサEX-L200透過型と同形状。
EX-L200のデジタル表示タイプとして使用可能です。
EX-L200と同様の曲がり目品質も実現しています。


 
同軸反射で従来品の約60%サイズdown(体積比)
[同軸反射型 LS-H201]


W8×H23×D18mmの厚み、高さ、奥行きをすべて小さくした最小形状です。
同軸反射で従来品の約60%サイズdown(体積比)

同軸構造を採用
直進性の高いレーザを同軸構造としたことにより、より狭いスペースでも安定した検出が可能となり、取り付けも簡単になります。


同軸構造を採用


見やすい動作表示灯を装備
全方向からの視認が可能です。

見やすい動作表示灯を装備

長距離小スポットを実現
検出距離300mmまで(アンプの応答時間STDモードにて)φ2mmを実現



 
同軸構造に加え、光源をセンサヘッドの中央に配置しているため、設計が簡単になります。
[同軸ミラー反射型 LS-H901]


業界最小・最薄

W8×H23(表示灯部を除く)×D18mmの奥行きを小さくした形状。

※2013年5月、アンプ分離型レーザセンサヘッドとして、当社調べ。


業界最小・最薄

検出距離10mm〜1mを実現
(アンプの応答時間STDモードにて)
近距離検出に対応。

 
 
応答時間 業界最速クラス60μs [アンプ LS-500]

応答時間 業界最速クラス※60μs [アンプ LS-500]

形状、操作性、全てにおいてファイバセンサとの親和性を追求。
手軽にレーザセンサを選択できる環境をお届けします。

ファイバセンサとの親和性を追求
FX-500と同じ操作・メニュー表示・形状。ファイバセンサとの親和性を高めました。

光軸のズレ検出
2出力(自己診断出力)を装備

ホコリなどによる汚れなどで光量低下が生じたことを検知し、警報として出力できます。出力2を自己診断出力として設定可能。出力1のしきい値をティーチングすると出力2が連動し、任意で設定された余裕度分しきい値をシフトして設定されます。
 

 

  ( 21,351 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求