プログラマブルコントローラ  「FP0H」

 

パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))

  マーケティング統括部 愛知県春日井市牛山町2431-1  TEL 0120-394-205 FAX 0120-336-394


プログラマブルコントローラ 「FP0H」   デュアルポートEthernet搭載。
超小型PLC「FP0H」による、情報化・分散制御を実現!


※IPアドレスは1つです。
EMC指令   CEを取得しています。
CE : マーキング適合


ID C002-137
製品名 プログラマブルコントローラ  「FP0H」
メーカー パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))


 特長

 基本性能

高速演算処理 [従来比8倍の高速!]
基本命令:10ns〜 (10kステップまで)


高容量最大 64kステップ [従来比2倍!]
プログラム容量:64k/40k/32k/24k ステップ可変
  EtherNet/IPに対応
データ容量:12k/24k/32k/64k ステップ可変
I/O: 入力16点、出力16点 トランジスタ出力(NPN / PNP)
内蔵I/F: Ethernet×2ポート、RS-232C×1ch、USB×1ch
拡張I/F: FP0H / FPΣ増設バス×1、FP0R増設バス×1
カセットスロット×1(RS-232C、RS-232C×2、RS-485、RS-232C + RS-485)
ツール: FPWIN GR7


最大I/O点数384点、FP0H/FPΣ/FP0Rのユニットを増設可能
EtherNet/IPに対応

必要な機能を選択しさまざまな機器を制御!

内蔵4軸パルス出力
パルス出力を4軸内蔵していますので、2軸直線補間を同時に2組制御可能です。例えばXYテーブル2台の制御も可能です。

EtherNet/IPに対応

高速カウンタ入力+パルス出力
ラダープログラムを組み合わせて、エンコーダからのパルス信号を高速カウンタ入力で計測し、それに従ってパルス出力の周波数を調整することで、マスタ軸に対するスレーブ軸の速度同期を行なうアプリケーションの構築も可能です。

右図では、インバータで制御されるコンベア1の速度をエンコーダパルスのカウントにて計測し、その速度に合わせたパルス出力(JOG運転)をモータ(スレーブ)に行ない、コンベア2の速度を同期させています。   EtherNet/IPに対応

多点PWM出力(4ch)内蔵

FP0Hでは、パルス出力ポートをPWM出力ポートとしても使用可能です。
応用例として、アナログ電圧出力としてもご利用いただけ、インバータの速度制御などを行なうことが可能です。


EtherNet/IPに対応


 さまざまな機器と接続

EtherNet/IP、Modbus-TCP、MCプロトコル対応
   
各種ロボットやPLCと簡単接続
   
カセット方式により、ユニットのコストと設置スペース削減

※:Ethernet付タイプのみ。


EtherNet/IPに対応
Ethernet付タイプコントロールユニットは、EtherNet/IPに対応。
各種ロボットやPLCと簡単に接続し制御や通信を行なえます。
(注):EtherNet/IPは、ODVAの商標です。


EtherNet/IPに対応


カセット方式により、ユニットのコストと設置スペースを削減。
コントロールユニットに簡単、低コストでシリアル通信機能を拡張できます。


EtherNet/IPに対応
 
 用途

分散制御

■ 設備の分散化によりフレキシブルなラインを構築。工数削減に貢献

分散制御

拡大する

 

  ( 6,780 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求