アンプ内蔵・距離設定反射型レーザセンサ  「EQ-L401シリーズ」

 

パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))

  マーケティング統括部 愛知県春日井市牛山町2431-1  TEL 0120-394-205 FAX 0120-336-394


アンプ内蔵・距離設定反射型レーザセンサ  「EQ-L401シリーズ」   光沢・黒色・凹凸物体を安定検出
EMC指令 ※1   ※1 EMC指令


ID C002-56
製品名 アンプ内蔵・距離設定反射型レーザセンサ  「EQ-L401シリーズ」
メーカー パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))
製品概要 光沢・黒色・凹凸物体など従来の光電センサでは検出に不安の残る用途でも、レーザならではの高い基本性能で安定検出を実現します。アンプ内蔵型ですから余分なスペースを取らず、また明るいスポット光により検出位置の確認も容易に行なえます。さらに、本体にデジタル表示を装備。高精度検出と使いやすさを両立しました。

【適用業界】
自動組立機械、電子部品製造装置、液晶・半導体製造装置、食品・包装機械 等

【用途例】
  アンプ内蔵・距離設定反射型レーザセンサ 「EQ-L401シリーズ」   アンプ内蔵・距離設定反射型レーザセンサ 「EQ-L401シリーズ」
  黒ゴム部品の検出   ヒューズボックスの有無検出

特長
明るいスポットで簡単位置決め
 
レーザならではの明るく視認性の良いスポット光で、検出位置がひと目でわかります。
※クラス2(JIS/IEC)
  明るいスポットで簡単位置決め
   
アンプ内蔵型でコンパクトサイズ
  アンプ、出力回路、デジタル表示を一体化。
アンプを別途設置する必要がなく、狭い装置内にも設置可能です。

   W15×H44.4×D32.3mm
 

数値を見ながら微調整が可能
 
デジタル表示を見ながら感度設定や余裕度の確認ができます。数値で管理できますので作業者による設定のばらつきを防止します。   数値を見ながら微調整が可能
 

ワークの色・光沢・凹凸の影響を受けにくい検出が可能
 
リニアイメージセンサ (C-MOS)方式
従来主流だったPSD方式の弱点を解決。スポット光のピーク位置を測定するイメージセンサ方式により、金属の光沢面や反射光量の少ない黒ゴムなど、ワークの表面状態の影響を受けにくく、高精度な検出が可能です。

FGS(Foreground suppression)機能
背景物体がある場合に有効なFGS機能を装備。ワークと背景物体が密着していたり、検出物体に光沢や凹凸がある場合の検出時に便利です。

BGS(Background suppression)機能
背景物体が離れている場合に有効なBGS機能を装備。ワークと背景物体が離れている場合に使用し、背景色が変化したり人が横切っても誤動作しません。


 

  ( 7,906 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求