Type3 セーフティレーザスキャナ  「SD3-A1」

 

パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))

  マーケティング統括部 愛知県春日井市牛山町2431-1  TEL 0120-394-205 FAX 0120-336-394


Type3 セーフティレーザスキャナ  「SD3-A1」   フレキシブルな監視ゾーン設定で、
危険領域での人体の存在・侵入を監視。
EMC指令 ※1   FDA JIS TUV SUD 制御カテゴリ ※2
※1 機械・EMC指令  ※2 制御カテゴリ3に対応可能


ID C002-60
製品名 Type3 セーフティレーザスキャナ  「SD3-A1」
メーカー パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))
製品概要
開発の背景
  様々な業種で製造現場における安全方策への取り組みが活発化してきています。危険領域における人体の存在・侵入を検知する安全機器としてはライトカーテンがありますが、それでは対応しきれないケースが増えてきました。フレキシブルなゾーン設定が可能なセーフティレーザスキャナは、従来ライトカーテンが2セット必要だった間口が2つあるアプリケーションにも対応できるなど、複雑な形状の危険領域を監視できます。SUNXは、安全方策のアプリケーション拡大に合わせたニーズにお応えしていきます。
   
主な特長
 
1. 警告ゾーン(半径15mの半円内)と検出ゾーン(半径4mの半円内)の2つのゾーンを広範囲に監視
2. 8つのゾーン切り換えが可能
3. W140×H195×D135mmのクラス最小サイズを実現
4. セーフティレーザスキャナ設置後の光軸ずれを監視
5. 設定内容を記憶しメモリに記憶可能
  ※検出ゾーン4mのクラスにおいて。2008年7月現在、当社調べ。
 
特長
フレキシブルなゾーン設定が可能
 
警告ゾーン(半径15mの半円内)と、検出ゾーン(防護ゾーン)(半径4mの半円内)の、2つのゾーンを広範囲に監視します。各ゾーンの形状は範囲内で自由に設定可能で計8つのゾーンを切り換え可能です。しかも動作中にゾーンの切り換えが行なえます。

  フレキシブルなゾーン設定が可能

お手持ちのパソコンでフレキシブルなゾーン設定

お手持ちのパソコンでフレキシブルなゾーン設定
   
クラス最小サイズを実現
W140×H195×D135mmのクラス最小サイズ。
※検出ゾーン4mのクラスにおいて。2008年7月現在、当社調べ。
  クラス最小
   
セーフティレーザスキャナ設置後の光軸ずれを監視
  静止物を常時検出させ参照境界機能を有効にすることにより、セーフティレーザスキャナが静止物との位置関係を記憶。設置後の光軸ずれを監視できます。



アプリケーション

無人搬送車での安全確認
無人搬送車での安全確認
警告ゾーンでの検出で搬送車の速度を落とし、検出ゾーンで搬送車を停止させます。
  ロボット加工区域の侵入検知
ロボット加工区域の侵入検知
間口上部より体の侵入を検知します。また参照境界機能を有効にしてセーフティレーザスキャナの向かい側にある柱を常時検出することにより、稼働中のセーフティレーザスキャナの光軸ずれを監視できます。

 

  ( 3,255 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求