デジタルファイバセンサ  「FX-500シリーズ」

 

パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))

  マーケティング統括部 愛知県春日井市牛山町2431-1  TEL 0120-394-205 FAX 0120-336-394


デジタルファイバセンサ 「FX-500シリーズ」
デジタルファイバセンサ FX-500シリーズ
超品質ファイバ FT/TDシリーズ
  センシングエンジン「SENTRION」を搭載し、
業界最高峰の検出能力を実現。

EMC指令 ※1   リスティング認定 ※2   S ※3
※1 EMC指令 ※2 リスティング認定(パナソニックブランド品より対応。)
※3 認証取得(パナソニックブランド品より対応。)



ID C002-66
製品名 デジタルファイバセンサ  「FX-500シリーズ」
メーカー パナソニック デバイスSUNX(株) (旧社名:パナソニック電工SUNX(株))
製品概要
開発の背景
  電子部品製造装置、自動組立機械、半導体製造装置等で多く使用されるファイバセンサは、装置の高速化、ワークの微細化に伴う細径ファイバの使用等により、長距離化・高速化・安定化が求められています。「デジタルファイバセンサFX-500シリーズ」はセンシングエンジン「SENTRION(セントリオン)」を搭載し、センシングの長距離化と業界最高速※を実現しました。さらに「超品質ファイバFT/FDシリーズ」と組み合わせて使用した場合、センサ毎のデジタル値のバラツキが少なくより絶対値に近い感覚で向き合える安定性能を実現。本質的なデジタル管理が行なえる業界唯一のデジタルファイバセンサを目指しました。
   
主な特長
 
1. 安定感が違う 本質的なデジタル管理を実現
2. キレ味が違う 微量な光量変化もシャープに検出
3. 業界最高速 25μsの応答性能
4. NEWフォルム 見やすいデジタル表示と小型カバーを採用
  ※2009年10月現在、当社調べ

特長
安定感が違う 本質的なデジタル管理を実現
  「デジタルファイバセンサFX-500シリーズ」と「超品質ファイバFT/FDシリーズ」との組み合わせで、入光量の安定性能が従来比4倍に向上。より絶対値に近いデジタル値で管理することができます。

安定感が違う 本質的なデジタル管理を実現

本質的なデジタル管理がうれしい理由
 @目標値に対して光軸調整ができる。
 A作業指示書を定量化(数値化)できる。
 B実験データの信憑性が高くなる。
 Cメンテナンスが簡単になる。
 Dトラブル時の原因究明がはやくなる。
 など


 
キレ味が違う 微量な光量変化もシャープに検出
  徹底したS/N比の向上により、高精細化・低ヒステリシス化を実現。検出のヒステリシスを極限まで切り詰めつつ、最適の光量で検出することができます。微量な光量変化しか得られない検出において、従来以上に長距離での検出、従来以上に光が飽和してしまう近距離での検出を可能にしています。

 ※アプリケーション例 : 従来以上の長距離で、大型液晶ガラスの検出ができます。
  従来以上に近距離で、微小な電子部品、細いワイヤーの検出ができます。

キレ味が違う 微量な光量変化もシャープに検出
 
 
業界最高速 25μsの応答性能 
  25μsの高速応答を実現(H-SPモード時)。業界最高速の応答性能で生産性向上に貢献します。
※2009年10月現在、当社調べ
 
NEWフォルム 見やすいデジタル表示と小型カバーを採用
  大型かつコントラストがはっきりしている高輝度7セグメント表示は、広範囲からはっきりと視認が可能です。
また従来比1/3の小型カバーの採用で、カバーが周囲の機器に接触しない省スペース化を図りました。
NEWフォルム 見やすいデジタル表示と小型カバーを採用


 

  ( 26,959 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求