TOC計 TAC-ACCURA Series

 

(株)ティ・アンド・シー・テクニカル

  東京都足立区千住仲町40番12号  TEL 03-3870-7101 FAX 03-3870-7102


TOC計 TAC-ACCURA Series   アキュラシリーズ TOC連続測定器

より速く、より柔軟に

TOCの間断の無い監視は現代のハイスループットの生産工程では必須の条件です。ティ・アンド・シー・テクニカルは20年前よりその実現のために連続測定技術の開発、そしてそのメリットを国内、そして海外の多くのお客様に提供してきました。ケース一つから国内で設計・開発、ファームウエアからハードの全てに日本ならではのきめ細かな配慮がなされています。測定器の命であるセンシングユニット、そして長期のご利用のために欠かせない消耗品まで国産ならではの安定した品質管理を行っています。測るだけでなく保守、そして安定した供給と共に、現代の生産プロセスの効率を3つのモデルで支えています。


ID D041-01
製品名 TOC計 TAC-ACCURA Series
メーカー (株)ティ・アンド・シー・テクニカル
特長
連続測定で水質変化を瞬時に捉え、プロセスの汚染を防止します。
サンプルを導入し電源を入れると自動的に測定を開始するパワーオンスタート機能搭載
UVランプの交換周期は1年に1度です。
測定データのログ機能を搭載 直近のデータをレコーダーの無い状況でも確認できます。
データポートにプリンターを接続することで簡単に測定値を記録できます。またログの打ち出しも出来ます。
絶縁アナログ出力(4-20mA)及び警報リレーを2点搭載、プロセスコントロールに対応します。
紫外線酸化方式により試薬、キャリアガスを使用しません。
ネットワーク機能を内蔵、デジタル双方向通信に対応します。



基本仕様
項目↓  適応例 → 限りなく不純物ゼロの超純水中の
TOCを連続測定
(半導体洗浄用超純水)
汎用的な純水から超純水中の
TOCを連続測定
(洗浄用・希釈用超純水)
温純水または注射用水、
洗浄バリデーションにおいて
TOCを連続測定
型式 ACCURA-SX ACCURA-R ACCURA-H
測定原理 紫外線酸化導電率差検出方式
測定範囲 0.01〜30.00ppb 0.1〜999.9ppb
繰返精度 ±0.05ppb ±0.1ppb
分解能 0.001ppb 0.01ppb
サンプル水流量 >100ml/分
サンプル水圧力 0.03〜0.5MPa
適応水質範囲 >10MΩ・cm >1MΩ・cm <20μS/cm
測定水温 15〜40℃ 5〜50℃ 5〜99℃
寸法 (W)327×(H)157×(D)328mm
電源・消費電力 AC100〜240V±10% 50/60Hz 約50W ユニバーサル仕様
重量 約6.5kg
警報出力 リレー接点2出力 接点容量 :DC30V/2A以下
出力信号 4〜20mADCにてTOC、導電率もしくは比抵抗、水温が選択可能
通信 インターフェイス:RS-232C
プリンタ プリンターポートにて接続(推奨オプション:型式 DPU414)
認証 CE



  ( 1,489 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求