リモートリンクシステム/非接触給電 + 双方向スイッチ信号

 

(株)ビー・アンド・プラス (旧社名:日本バルーフ(株))

  埼玉県比企郡小川町高谷2452-5  TEL 0493-71-6551(代) FAX 0493-81-4771


リモートリンクシステム/非接触給電 + 双方向スイッチ信号 ワイヤレス給電&信号伝送のリモートシステム可動側へ給電しながら、I/Oをフィールドバスへ送る!!


  ワーク識別・電磁弁起動・クランプ確認

【ポイント】

形状の異なるワークが混在する組み立て工程で、現物を自動識別してパレットに固定し作業を行う。

【メリット】
多数のセンサや電磁弁をパレット上に設置でき、ワーク投入から組み立て作業まで自動化できた。
※音声はございません
Flash Player   再生にはFlash Player(無料)が必要です。


ID E002-01-03
製品名 リモートリンクシステム/非接触給電 + 双方向スイッチ信号
メーカー (株)ビー・アンド・プラス (旧社名:日本バルーフ(株))
特長
電源(24VDC/2A)と検出・制御双方向の信号を非接触で供給・伝送。
プラスチック・ガラスの仕切があっても電源供給・信号伝送可能。
入力・出力ユニット(8点・4点)のリンク接続により検出スイッチ64個+電磁弁等32個まで 接続可能。
入出力はそのままPLCで処理可能。
リモートアンプは、検出スイッチを直接接続できる「32点入力付き」。
ベースアンプは、全信号ををパラレルで一括処理する「一括パラレル入出力仕様」と「DeviceNet 接続仕様」、「CC-Link 接続仕様」、「EtherNet/IP 接続仕様」の4タイプを用意。
   
 
一括パラレル入出力仕様

一括パラレル入出力仕様
  DeviceNet 接続仕様

DeviceNet 接続仕様

 
   
CC-Link 接続仕様

CC-Link 接続仕様
  EtherNet/IP 接続仕様

EtherNet/IP 接続仕様

主な用途 組立ラインのパレットでは、多数の検出信号と制御信号を使用することで様々な形状のワークに対応
 
  組立ラインのパレットでは、多数の検出信号と制御信号を使用することで様々な形状のワークに対応

システム
  概要
パレットなど配線の困難な装置に動作電源と入出力信号(64点+32点)を非接触で供給・伝送します。
 
リモートリンクシステム概要



各部の機能
入力ユニット
検出スイッチ等をmax.8点まで接続し、その検出信号をリモートユニットに伝送する。
出力ユニット
伝送された信号により、接続した電磁弁や小型モーター等の駆動ユニットを動作させる。 1ユニットにmax.4点まで接続可能。
リモート部
リモートヘッド・リモートアンプ
ベースヘッドから電源供給を受け、接続する入出力ユニットに電源を供給すると共に、入出力信号の伝送も行う。
リモートアンプには、検出SWを32点まで直接接続可能。
ベース部
ベースヘッド・ベースアンプ
リモートヘッドに24VDC/2Aの電源を非接触で供給すると共に、max.64+32点の入出力信号の伝送を行い、上位機器と入出力データの通信を行う。
入出力信号をEtherNet/IPに接続するベースアンプをラインアップ。

  

  ( 6,255 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求