ポジテクター200 超音波膜厚計

 

コーテック(株)

  東京都千代田区飯田橋3-11-22 ヤマギビル4F  TEL 03-6913-6528 FAX 03-6913-6529


ポジテクター200 超音波膜厚計
ポジテクタ―200 超音波膜厚計
  プラスチック・コンクリート・木材の上の樹脂塗膜の厚みを測定


超音波多層膜厚計
   
プラスチック(樹脂塗装)、コンクリート、木材(木工塗装)素地上の塗膜の測定
   
条件により、塗膜を3層まで分解してそれぞれの膜厚を表示
   
PosiTectorプラットフォーム
本体はポジテクタ―6000などと共用が可能。プローブを交換するだけで現場で6000から200に変身
 


ID B019-35
製品名 ポジテクター200 超音波膜厚計
販売 コーテック(株)
適合規格 ISO 2808, JIS K5600-1-7:2014(ISO2808 が原規格)
ASTM D6132



オンラインセミナー開催中
 
超音波膜厚計 初級編 Part 1
00:47   ポジテクター200 使い方の紹介
01:36   ポジテクター200 測定原理の紹介
03:13   ポジテクター200 多層膜測定の原理
04:28   実際に計ってみよう
05:05   測定の可否を決定づける重要な条件
     
 
超音波膜厚計 初級編 Part 2
00:17   ポジテクター200 失敗の原因!!
01:46   素地と塗膜の組み合わせ!!
02:20   ポジテクター200 測定範囲の設定手順



Q&A
金属以外の素地でも測定できるのですか?
樹脂(プラスチック)、コンクリート、木材などの非金属素地上の塗膜の測定が可能です。
 
プライマー、中塗り、トップコートのそれぞれの膜厚がわかるのですか?
条件によりますが、3層まで分解して測定が可能です。分解測定の可否は素材の違いというより塗膜の層間の密度差になります。机上で判断するのは難しいので、試験測定を依頼いただくことをお勧めしています。
 
すでにポジテクタ―6000を使っていますが、プローブだけ追加購入すればいいのですか?
はい、その通りです。ただし、超音波膜厚計では波形による判断が必要になりますので、本体はアドバンスであることが原則です。


 

  ( 3,072 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求