フリアーシステムズのサーモグラフィカメラは工務店の施工力の高さをアピールするための必需品

 

フリアーシステムズジャパン(株)

  東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル5F  TEL 03-6721-6648 FAX 03-6721-7946


フリアーシステムズのサーモグラフィカメラは工務店の施工力の高さをアピールするための必需品

詳細資料をダウンロード


佐藤工務店(埼玉県上尾市)では、日頃からサーモグラフィカメラを使って、住宅の不具合事象や自社の住宅の性能の高さを施主にわかりやすく説明しています。同社の佐藤喜夫社長に効果的なサーモグラフィカメラの使い方や活用法について解説してもらいました。


外から見えないものも画像により一目で理解させることができます
佐藤工務店は1968年の創業以来、レンガ外壁の家を主体に付加価値の高い住宅を提供しています。行政が進める省エネ講習会の講師も務めるなど、住宅の断熱気密技術に詳しい佐藤社長は、サーモグラフィ画像の利点を「見えないものを見せることができるところ。外から見ただけではわからないものを、根拠を持って伝えることができます」と語ります。
例えば断熱性能の低い家でも暖房器具で温めれば暖かくなりますが、断熱性能の違いはなかなかわかりません。しかし、サーモグラフィカメラを使えば、熱がどんどん逃げていく様子がわかります。
「高い断熱性能を実現している工務店ならば、その性能を伝えるにはサーモグラフィカメラは必需品です。サーモグラフィカメラは工務店の味方。上手に使えば強力な武器になります」と佐藤社長は強調します。

同社の建てる住宅は、原則ZEH(ゼロエネルギー住宅)で、断熱性能はU値0.45 W/u・K、気密性能はC値0.3cu/u以下が標準仕様。
省エネ基準の地域区分5地域のHEAT 20(産官学でつくられたハイレベルな断熱基準)G1レベル、6地域なら同G2レベルをクリアする性能です。もちろん国が定めている省エネ基準0.87を大きく上回っています。ただし、どれだけ性能がいいと数字で説明しても、一般の人には実感として伝わりません。サーモグラフィカメラなら、それらを画像で見せることで、違いをはっきりと伝えることができます。
  寒い家のサーモグラフィ画像。窓の温度は11℃
寒い家のサーモグラフィ画像。窓の温度は11℃。窓から熱が逃げている様子がわかります。

暖かい家の窓。床下エアコンからの暖気もあり、窓際の寒さがないことがわかります
暖かい家の窓。床下エアコンからの暖気もあり、窓際の寒さがないことがわかります。



佐藤工務店では完成見学会でサーモグラフィカメラを見学者に渡し、
自由に見ることができるようにしています。



サーモグラフィ画像の温度レンジを調整し温度差がわかりやすい画像を作成

気密不足でコンセントボックスなどから冷たい空気が入ってくるのがわかります
気密不足でコンセントボックスなどから冷たい空気が入ってくるのがわかります。
  窓枠から雨水の漏れが疑われる温度の下がった部位があります
窓枠から雨水の漏れが疑われる温度の下がった部位があります。
     
耐震性の非破壊検査にも利用できます。温度の伝わり方の違いで筋交いがある部分の色が違って見えます
耐震性の非破壊検査にも利用できます。温度の伝わり方の違いで筋交いがある部分の色が違って見えます。
   



全文掲載PDFダウンロード

フリアーシステムズ 製品一覧へ


詳細資料をダウンロード

 

  ( 2,604 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求