体表温度測定におけるサーモグラフィカメラ

 

フリアーシステムズジャパン(株)

  東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル5F  TEL 03-6721-6648 FAX 03-6721-7946





サーモグラフィカメラを利用してウイルスや感染症を検出できるでしょうか。この問いの答えは「いいえ」です。感染症の検出や診断には利用できませんが、フリアーシステムズのサーモグラフィカメラは、空港、鉄道ターミナル、企業、工場、コンサートといった公共空間で、皮膚表面の温度を測定して体表温度の高い人を識別する有効なツールとして利用されています。

現在パンデミックと宣言された新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な大流行を踏まえて、社会は感染拡大を大いに懸念しており、ウイルスの拡大を最小限に留め最終的に食い止められる方法を探し求めています。新型コロナウイルスの検出や診断を行えるサーモグラフィカメラはありませんが、フリアーシステムズのカメラは、迅速な個別スクリーニングの実施によって人の出入りの多い公共空間でEBTを検出してきた長年の実績があります。

主要な部分の体表温度が予め閾値として任意で設定した温度を上回っている場合に、追加で検査が必要な対象者を選び出すことに役立ちます。EBTを伴う人を識別することで、その後の追加処置を検討できるため、予防手段として役立てられています。


体表温度測定におけるサーモグラフィカメラ


輸送機関、企業、工場、ファースト・レスポンダー(緊急対応要員)をはじめとする様々な機関が、EBTの検出手段として、また従業員の健康診断(の一環として、サーモグラフィを用いたサーマルスクリーニングを利用しています。

とりわけ空港では、乗客および航空機乗組員のスクリーニング測定の一部として、フリアーシステムズのサーモグラフィカメラを積極的に採用しています。乗客の体表温度を計測することで、一次スクリーンをかけることができ、検疫所で追加の検査を行う必要があるかを判断するために用いられています。


体表温度測定におけるサーモグラフィカメラ


発熱者スクリーニングに利用できるフリアーシステムズのカメラモデル

様々なサーモグラフィカメラが選択肢として挙げられますがフリアーシステムズは、非接触スクリーニングツール用途として選ばれたカメラモデルについて、米国食品医薬品局の510(k)を申請済みです(K033967)。対象となるカメラには、FLIR ExxシリーズFLIR Tシリーズ、があります。カメラの詳細についてはフリアーシステムズのHP(https://www.flir.jp/)をご覧ください。

※ご注意ください※
赤外線サーモグラフィカメラの計測温度値は表面温度分布であり、体温計で測定される体温とは、温度値が異なります。マスクや眼鏡、衣服により覆われている箇所は、その表面温度を計測します。体表温は計測時や計測前の環境条件(外気温等)、被測定者の状態により変動いたします。


 

      お問合せ・資料請求