HCFC-225の代替洗浄剤(フッ素系洗浄剤)  「eクリーン21Fシリーズ」

 

(株)カネコ化学

  埼玉県越谷市越ケ谷2-5-2 TEL 048-969-5071 FAX 048-969-5072


ご存知のように HCFC-225 は 2019年中の生産中止が決まっています
                                                    ※モントリオール議定書による


カネコ化学では、貴社の様々な用途に合わせた代替洗浄剤を
【低価格 & カスタマイズ対応】 にてご提案いたします!


無償サンプルの提供も可能です。こちらよりお問い合わせください。

用 途
・フラックス洗浄
・鉄鋼用ロールの脱脂
・精密洗浄
・乾燥剤用途
・コンタミの除去
 
特 長
・低価格
・低臭気
・低毒性
・代替実績
 
カネコ化学の強み
・カスタマイズ可能
・グローバル対応
 (世界に拠点あり)

詳細資料をダウンロード


HCFC-225の代替洗浄剤(フッ素系洗浄剤)  「eクリーン21Fシリーズ」   フラックス/油脂類の洗浄剤(HCFC-225の代替品)

オゾン破壊係数ゼロ

他社製品に比べて
 大幅にコストダウン!


ID B022-04
製品名 HCFC-225の代替洗浄剤(フッ素系洗浄剤)  「eクリーン21Fシリーズ」
メーカー (株)カネコ化学
概要 eクリーン21Fシリーズは、次世代のフッ素系溶剤をベースにした新しい洗浄剤です。
HCFC-225の代替溶剤として開発した製品で、低毒性で安全性に優れ、オゾン破壊係数ゼロと環境に優しい洗浄剤です。
また、不燃性・低毒性・速乾性の特長を有しており、プリント基板・電子部品・精密部品・金属部品・プラスチック部品・ゴム部品及びセラミック・ガラス等の洗浄が可能です。
さらに、表面張力が小さいため、細かい隙間まで洗浄が出来ます。
ほとんどの場合、フッ素系の洗浄装置がそのままご使用できます。
カネコ化学では、お客様の用途に合わせたカスタマイズ提案も行っております。


特長
オゾン破壊係数はゼロと低く、地球環境に優しい溶剤です。
低毒性で引火点が無く、高い安全性を有しています。
物性はHCFC-225に出来るだけ近づけ、洗浄力はHCFC-225と同等またはそれ以上です。
表面張力が小さいので細かい隙間まで浸透します。
乾燥が早いため、作業効率がアップします。
ほとんどのプラスチック、ゴムに影響を与えません。
消防法・有機則・特化則・PRTR法・毒劇物取締法に非該当です。
リサイクル可能でランニングコスト低減につながります。
 
主な用途
プリント基板洗浄溶剤
プラスチック、ゴム部品洗浄溶剤
精密部品洗浄溶剤
金属部品洗浄溶剤
電子部品洗浄溶剤
乾燥剤
布のシミ抜き剤
ポリマーの希釈溶剤



ラインナップ
型番 使用方法 用途 沸点(約)
21FE-5 浸漬・蒸気洗浄 プリント基板のフラックス、プラスチック・ゴムの剥離剤
ガラス類の洗浄・乾燥
40℃
21FE 浸漬洗浄 プリント基板のフラックス、プラスチック・ゴムの剥離剤
ガラス類の洗浄・乾燥
40℃
21F-1-T 浸漬・蒸気洗浄 シリコーンオイル溶解、プリント基板のフラックス、
金属部品の鉱物油の洗浄・乾燥
43℃
21F-5 浸漬・蒸気洗浄 プリント基板のフラックス、金属部品の鉱物油の洗浄・乾燥 43℃
21F-6 浸漬洗浄 プリント基板のフラックス、金属部品の鉱物油の洗浄 43℃
21FEE
21FEE
浸漬
21FE-5 リンス
(浸漬→蒸気)
プリント基板のフラックス洗浄専用 40℃
21FH-3 浸漬・蒸気洗浄 シリコーンオイル溶解、シリコーン離型剤の洗浄、
フッ素オイル、フッ素グリースの洗浄
42℃
21FH-7 浸漬・蒸気洗浄 シリコーンオイル溶解、シリコーン離型剤の洗浄、
フッ素オイル、フッ素グリースの洗浄
48℃


物性表
※PRTR該当製品:申請が必要な使用量については営業担当にご相談願います



プラスチック、ゴムに対する影響
○:影響が見られない、△:多少影響が認められる、×:影響あり
※この一覧表は樹脂材質をおおまかに分類し試験を行ったデータ値であり、保証値ではありません。



詳細資料をダウンロード

 

  ( 1,135 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求