表示設定形コンパクト変換器  「M1Eシリーズ」

 

(株)エム・システム技研

  大阪市西成区南津守5丁目2番55号  TEL 0120-18-6321 FAX 06-6659-8510


表示設定形コンパクト変換器 「M1Eシリーズ」   有機ELディスプレイを採用した表示設定形コンパクト変換器「M1Eシリーズ」が登場
有機ELディスプレイを採用し高い視認性を実現しました。
写真は、別売りのベース(形式:M1E-BS)を装着。


ID A002-76
製品名 表示設定形コンパクト変換器  「M1Eシリーズ」
メーカー (株)エム・システム技研
概要 視認性の高い有機ELディスプレイを採用したM1Eシリーズが登場しました。入力スケーリング、ループテスト、警報テスト、リニアライズなどの機能を有しており、これらのパラメータは、有機ELディスプレイで確認しながら前面ボタンで設定ができます。
2チャネル形の直流入力変換器、カップル変換器、測温抵抗体変換器、ポテンショメータ変換器、セルシン変換器、警報設定器の6機種と1チャネル形(多出力タイプ)の警報設定器を1機種ご用意しています。

特長
くっきり鮮やかに測定値、実量値を表示します。
  黄色の文字色で高輝度、高コントラストであるため情報の視認性が高く、ミスが許されないループチェック時やメンテナンス時の信号チェックに最適です。
   
常時点灯でも寿命は約50,000時間*1 の長寿命です。
  有機ELディスプレイは、常時点灯でも寿命は約50,000時間です。このため窓がある盤ではパネル計器としてもお使いいただけます。もちろん、通常時非点灯にし、ボタンに触れると再び点灯する設定にもできます。
*1.室温25℃で、輝度調整を2に設定して連続使用した場合、輝度が半減する時期の目安です。
   
表示は、多機能マルチディスプレイです。
  上下2段でマルチに表示でき、表示設定も前面のボタンから簡単に行えます。設定項目名がテキストで表示されるので、取扱説明書での確認は不要です。パソコンからも設定できるため、同じような仕様で多数設定する場合や設定内容を保存しておきたい場合に便利です。
   
便利なループテスト機能付です。
  テスト出力機能は、スタートアップ時の配線テストに便利な機能で、お客様から好評をいただいています。
   
省スペースプラグイン構造です。
  配線を外さずに検査・交換ができるプラグイン構造です。


M1Eシリーズ外観 M1Eシリーズ外観
写真は、別売りのベース
(形式:M1E-BS)を装着。
  上下2段表示(左写真画面)をはじめ、長いテキストも文字をスクロールして表示できます 上下2段表示(左写真画面)をはじめ、長いテキストも文字をスクロールして表示できます。



エム・システム技研の信号変換器
エム・システム技研は、1973年に世界で初めてプラグイン形の信号変換器を開発し、以来あらゆる信号変換器を開発・販売してまいりました。省スペース形や超薄形、ラック取付形や現場設置用の2線式などに加え、パソコンを使いお客様のご要望に合わせて設定できるPCスペック形や設定器のいらないワンステップキャル方式など多種の製品をラインアップしています。信号変換器はエム・システム技研にお任せください。


表示設定形コンパクト変換器「M1Eシリーズ」の製品情報については、
  下記当社ホームページをご覧ください。
  https://www.m-system.co.jp/products/signal.html

  

  ( 25,825 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求