リモートグラフィックパネル  「リモートGP HDMI出力付 RGP30」

 

(株)エム・システム技研

  大阪市西成区南津守5丁目2番55号  TEL 0120-18-6321 FAX 06-6659-8510


リモートグラフィックパネル 「リモートGP HDMI出力付 RGP30」   最適なディスプレイ装置を選べる
表示部を持たないHDMI出力付の表示器「リモートGP(形式:RGP30)」が登場!

リモートGPとは
リモートGPは、各現場の目的にあった最適なディスプレイが選べる表示部を持たない表示器です。PLCやリモートI/O、IoT機器、監視カメラなどの各種データをネットワーク経由で取込み、専用作画ソフトウェア(形式:RGP-Designer)(*1)で作画します。作画した画面をリモートGPへ転送するとリモートGP内部でWeb画面が生成されます。PCやタブレットなど、機種やOSを問わずブラウザからそのWeb画面を表示することができるため、製造現場などの見える化を簡単に実現します。
(*1)専用作画ソフトウェア(形式:RGP-Designer)は、エム・システム技研Webサイトから無料でダウンロードできます。


ID A002-80
製品名 リモートグラフィックパネル  「リモートGP HDMI出力付 RGP30」
メーカー (株)エム・システム技研


 主な仕様

■ リモートグラフィックパネル リモートGP [HDMI出力付]
形式 RGP30
基本価格 165,000円
供給電源 24V DC
消費電力 約18W
サイズ 幅50mm、高さ110mm、奥行128mm
質量 約400g


 リモートGP(形式:RGP30)のシステム構成と主な特長
RGP30は、HDMI出力を装備しています。HDMIケーブルからHDMI対応のモニタにRGP30のWeb画面を表示しますので、コストパフォーマンスに優れた市販の大型モニタやタッチパネルなどを利用できます。また、社内LANを利用したり無線LANアクセスポイントを別途設置すれば、PCやスマホからも同時に監視をすることができます。



■ グラフィック画面・作画機能
グラフィック画面は、背景画の上にランプやスイッチなどのパーツを貼付ける形で作画します。それぞれのパーツはプロパティで機能やサイズ、色、フォントを指定でき様々なバリエーションを作成できます。
設定・ダウンロード
グラフィックやIoT機器のデバイス情報は、設定用PCにインストールした専用作画ソフトウェア(形式:RGP-Designer)で作成・設定し、リモートGPにダウンロードします。RGP-Designerはエム・システム技研Webサイトから無料でダウンロードできます。



 アプリケーション例
太陽光発電のインフォメーションボード太陽光発電のインフォメーションボード
現場設置形データロガーWebロガー2で生成された太陽光による発電電力量のトレンドグラフや帳票画面を、RGP30を経由して大型液晶モニタのインフォメーションボードに表示できます。さらに、インターネット回線に接続してあるため、ボードには天気予報も表示できます。


植物工場の環境監視植物工場の環境監視
RGP30リモートI/Oから社内LAN経由で湿度や温度などのデータを取込み、その情報を大型液晶モニタに表示できます。また、無線LANを組合せると、手持ちのタブレットからも同じ画面を見ることができるようになります。


既設生産ラインに大型表示パネルを設置既設生産ラインに大型表示パネルを設置
既設の生産ラインに大型表示パネルを追加設置する場合、PLCのデータをネットワーク経由でRGP30に入力し、そのグラフィック機能によって大型パネルに表示します。PLCのラダープログラムを変更せずに済むため、生産ラインの見える化が簡単に実現します。


製品仕様などの詳細は、下記メーカWebサイトをご覧ください。
  https://www.m-system.co.jp/products/indicator.html

  

  ( 6,852 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求