配線工事不要の40形直管紫外LED

 

(株)エム・システム技研

  大阪市西成区南津守5丁目2番55号  TEL 0120-18-6321 FAX 06-6659-8510


配線工事不要の40形直管紫外LED
  波長275nmのUVC領域の紫外線により、空間内を除菌*1するLEDです。
40形直管紫外LED(形式:LS1200UVC-275-U2)


ID A002-94
製品名 配線工事不要の40形直管紫外LED
メーカー (株)エム・システム技研
概要 40形直管紫外LED(形式:LS1200UVC-275-U2)は、波長275nmのUVC領域の紫外線により、空間内を除菌*1するLEDです。既存の灯具(グロー方式/ラピッド方式/インバータ方式*2、AC電源直結方式[両側給電])に配線工事不要で取付けることができるため、40形灯具が設置されている場所であれば、除菌*1することができます。
2灯式灯具の場合は、当社LED照明の40形直管LED LS1200-U2シリーズと組合せて使用することもできます。

*1. ・外部機関において、培養した数種のウイルスまたは細菌に対し一定の距離から試験品による紫外線を照射することで、99.9%以上減少することを確認しています。全てのウイルス・細菌に除菌効果確認したものではありません。
・実使用空間での実証効果ではありません。使用環境により効果は異なります。
*2. 対応安定器であっても一部点灯しない場合があります。また器具の形状によっては装着できない場合があります。AC電源直結の場合、配線工事は取扱説明書に従い、必ず電気工事士の有資格者が行ってください(感電、火災、故障の原因となります)。



■ 40形直管紫外LED(形式:LS1200UVC-275-U2)の使用イメージ

40形灯具が設置されている場所であれば、空間内を除菌*1することができます。ポリカーボネートとアルミフレームの構造で衝撃に強く、誤って落下した場合でも、飛散することがありません。

掲載写真はイメージです。40形直管紫外LEDは、照明用途としての機能はありません。
[使用上のご注意]
動作中は強い紫外線を放射します。発光面は決して直視しないようにしてください。
また、周辺からの反射にも十分注意してください。人の出入りがない時間帯(夜間など)に行ってください。
器具に取付けた状態で紫外線量を測定し、人体に影響がない環境下であることを事前に確認してください。
事前測定時など、作業中に放射を受ける可能性のある場合は、紫外線カット用の保護具を使用してください。
紫外線の許容限界値(TLV)は、1日あたり8時間以内で30[J/u]以下にする必要があります(JIS Z 8812)。

40形直管紫外LED(形式:LS1200UVC-275-U2)の使用イメージ


■ UVCとは
UVC(ultraviolet C)は、波長が200 〜 280nmの太陽光線に含まれている紫外線です。
紫外線による除菌は、ウイルス、細菌などに対して有効とされています。

UVCとは


・40形直管紫外LEDは、照明用途としての機能はありません。


■ 製品仕様などは、下記メーカホームページをご覧ください。
  https://www.m-system.co.jp/products/led/led09.html

  

  ( 8,357 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求