磁気近接スイッチ(直流4線式M12ケースタイプ)  「DW-350/DW-351」

 

(株)マコメ研究所

  長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪10800番地11  TEL 03-3734-2211


磁気近接スイッチ(直流4線式M12ケースタイプ) 「DW-350/DW-351」
  N極S極・2chスイッチングタイプ(極性個別出力)の
近接スイッチ

磁気近接スイッチ(直流4線式M12ケースタイプ)
DW-350/DW-351
RoHS


ID G005-38
製品名 磁気近接スイッチ(直流4線式M12ケースタイプ)  「DW-350/DW-351」
メーカー (株)マコメ研究所
概要 『DW-350』『DW-351』は、N極S極の磁極を識別できる磁気近接スイッチです。当社の磁気近接スイッチの持つ特長である、高感度かつ優れたノイズ性能とともに、防水・防塵、防腐食などの耐環境性を備えます。両製品ともに同等仕様と性能を持ち、出力形式の違いから『DW-350』が「NPNトランジスター オープンコレクター出力」、『DW-351』が「PNPトランジスター オープンコレクター出力」を出力します。

特長
M12サイズの直流4線式2chスイッチングタイプ(極性個別出力)
   
出力形式はNPNとPNPの2種類を用意
   
センサー本体にネジ山があるので、設置時の高さ調節が容易
   
保護構造「IP67」に準拠した、高い耐環境性を誇る樹脂と金属のハイブリッドケースを採用
   
発磁体の磁力に応じた検出距離を自由に設定でき、センサー同士の相互干渉がなく複数台並べて使用可能

代表的な
 応用事例
モーターヨーク磁石の極性判別
撹拌装置の軸回転検知
レール台車の停止制御
  磁気近接スイッチ(直流4線式M12ケースタイプ) 「DW-350/DW-351」


 

  ( 710 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求