ファイバーレーザ溶接機(シングルモード・1000W)  「MF-C1000A-S」

 

(株)アマダウエルドテック (旧社名:(株)アマダミヤチ)

  営業部門 営業企画部 営業管理課  千葉県野田市二ッ塚95-3  TEL 04-7180-9929 FAX 04-7125-9921


ファイバーレーザ溶接機(シングルモード・1000W) 「MF-C1000A-S」   シングルモードレーザを新たにラインナップ!
小径かつ深く溶け込む溶接が可能に


ID G009-36
製品名 ファイバーレーザ溶接機(シングルモード・1000W)  「MF-C1000A-S」
メーカー (株)アマダウエルドテック (旧社名:(株)アマダミヤチ)
製品概要 1000W高出力のシングルモードモデル。
シングルモードはガウシアン(正規)分布のビームプロファイルを形成します。
小径ファイバーの使用により熱影響が少なく、マルチモードと比較し細く深い溶け込みが得られます。
電子部品や電池関連部品に用いられる精密溶接に適しています。溶接用途に加え切断用途のニーズも見込まれます。

別売品 別売品
アプリケー
 ション例
 ワブリング溶接
ワブリング溶接

特長
シングルモードレーザ採用
  集光性に優れたシングルモードレーザにより、 狭小箇所への溶接が容易となり、スパッターを低減。

シングルモード   マルチモード
   
耐反射構造
  反射光による停止頻度を抑制 ※1、アルミや銅など高反射材料の加工に適しています。※2
安全対策として反射光検知センサーを内蔵し、発振器損傷を防止します。
   
制御機能
  任意波形制御機能により様々な波形が設定可能です。
変調機能(繰り返し周期及び波形)により高速微細溶接から切断まで多彩な用途を実現。
   
アクティブヒートコントロールに対応
  "加工端の発熱量"を基準に、レーザ出力を自動で制御する新機能です。
専用光学系を使って発熱量をレーザ溶接機本体へフィードバックし、予め設定した発熱量となるようレーザ出力を制御します。レーザ溶接機本体とは別に専用出射ユニットが必要です。


アクティブヒートコントロールに対応
   
スキャニングシステム
  ガルバノスキャナーユニット(オプション)を用いることで、高速かつ高効率な加工を実現。
専用光学系の採用により、優れた集光性を最大限生かすことができます。
ワブリング溶接を行うことでワークへの急熱急冷を抑制、クラック低減にも寄与します。

※1 当社調べ。同等集光径における比較で、反射光により停止しにくいことを示します。
※2 事前検証が必須です。




製品仕様
型名 MF-C1000A-S
最大定格出力 1000W
モード シングル
発振波長 1070±5nm
供給電源/ブレーカー容量 3相AC200〜240V ±10% 50/60Hz / 40A以上
冷却方式 水冷(専用チラー接続)
専用チラー仕様 入力電圧:単相AC200〜230V、±10%、周波数:50/60Hz、ブレーカ容量:20A
外形寸法:約377(W)×900(D)×976(H)mm
注意:弊社にてMF-C1000A-Sとのペアリングが必要です
※仕様および外観は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

  ( 920 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求