ファイバーレーザ溶接機(マルチモード・500W)  「MF-C500A-M」

 

(株)アマダウエルドテック (旧社名:(株)アマダミヤチ)

  営業部門 営業企画部 営業管理課  千葉県野田市二ッ塚95-3  TEL 04-7180-9929 FAX 04-7125-9921


ファイバーレーザ溶接機(マルチモード・500W) 「MF-C500A-M」   低・中出力に最適な
ファイバーレーザ溶接機!


ID G009-43
製品名 ファイバーレーザ溶接機(マルチモード・500W)  「MF-C500A-M」
メーカー (株)アマダウエルドテック (旧社名:(株)アマダミヤチ)
特長
マルチモードレーザを採用
  シングルモードレーザと比べて幅が広い溶接が可能で、突合せ溶接などで優位性を発揮します。冷却効率に優れた水冷方式を採用したことで、空冷式とは異なり周囲温度が高温であっても、出力制限を受けずにフルスペックを発揮できます。また、溶接だけでなく、焼き入れなどの熱処理やはんだ付けにも活用できます。
 
プロファイルと断面状
マルチモードレーザを採用   左:マルチモード 右:シングルモード
左:マルチモード 右:シングルモード
  マルチモードはシングルモードより集光径が大きく加工面積を大きくしたいときに有効です。生産性向上も期待できます。
 

アクティブヒートコントロール対応
  加工端を基準とした新しいレーザ出力制御技術を搭載したことで、焦点がずれた場合でも溶け込み深さを一定に制御することが可能です。また、精度の高い熱量コントロールが必要な焼き入れやはんだ付けでも威力を発揮します。
アクティブヒートコントロール対応
焦点位置のZ軸変動に対しても、溶け込み深さを安定化させます。
 

スキャニングシステム
  ガルバノスキャナーユニット(オプション)を用いることで、高速かつ高効率な加工を実現。専用光学系の採用により、優れた集光性を最大限生かすことができます。


別売品 別売品


製品仕様
型名 MF-C500A-M
最大定格出力 500W
モード マルチ
発振波長 / クラス 1070±5nm / クラス4レーザ
供給電源 / ブレーカー容量  3相AC200〜240V(±10%) 50/60Hz / 40A
冷却方式 水冷
専用チラー仕様 入力電圧:単相AC200〜230V、±10%、周波数:50/60Hz
ブレーカ容量:20A
外形寸法:約377(W)×900(D)×976(H)mm
注意:弊社にてレーザ溶接機本体とのペアリングが必要です


さらに製品詳細は、PDFダウンロードで詳しいカタログをご覧になれます。

 

  ( 992 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求