アンモニア冷凍機  「ブルーアストラム」

 

日本熱源システム(株)

  東京都新宿区市谷本村町2-10 ストリーム市ヶ谷4F  TEL 03-5579-8830(代)


高効率 アンモニア冷媒 水冷インバーターチラー


構 造  
アンモニア冷凍機 「ブルーアストラム」

@GEA社CM型 新型高効率スクリュー圧縮機
新型のドイツ・GEA社CM型スクリュー圧縮機は、小型で高効率です。
Vi可変装置は、あらゆる条件において、最適効率の運転を実現します。
また機械部品が少ないシンプルなオイル系統となっています。

AGSCタッチパネル制御盤
新型のGSCタッチパネル制御盤は、容易なメニュー構成と多様な機能を兼ね備えており、 信頼性の高い運転を実現します。タッチパネルは日本語表示です。

Bインバータ回転数制御
従来のスライド弁ではなくインバータにより運転容量を制御します。インバータは、部分負荷運転における高効率運転を実現します。起動電流も、従来の起動器に比べてとても低くなっています。
  Cケーシング
コンパクトなケーシングを装備しており、騒音値も小さくなります。

D
凝縮器
高効率の凝縮器は、とても小さい温度アプローチを可能にします。

E膨張制御システム
膨張制御システムにより最小レベルの冷媒液量で冷却能力が発揮できます。よって冷媒充填量も最少となります。

F蒸発器 液分離器との一体型
新型の満液式蒸発器は、コンパクトさと小さい温度アプローチによる高効率を兼ね備えています。蒸発器は、内蔵型液分離器と接続しており、圧縮機を液バックから保護しています。
オイルを回収利用する自動オイル戻し装置も取り付けられています。



ID E020-04
製品名 アンモニア冷凍機  「ブルーアストラム」
メーカー 日本熱源システム(株)
特長
冷却能力
  20USRT(1100kW) *1
   
高性能
  COP5.5/期間COP8.5 *2
部分負荷COP11を実現
 
COP特性線図(代表例)
   
地球温暖化問題に対するソリューション  〜自然冷媒 アンモニア〜
 
氷蓄熱にも利用可能な低温用途にも対応
  ・ -15℃までの低温用途にも対応可
・ 空調用から産業用まで幅広い用途
   
熱交換器の高性能化で、コンパクト化を実現
  ・ L4700mm×W1000mm×H2100mm(BLU ASTRUM1000型)
   
高い安全性を確保
  ・ アンモニア圧縮機製造100年のGEA社の経験と実績をベース
・ 少ない冷媒充填量(75kg BLU ASTRUM1000型)
・ 除害設備を装備
   
タッチパネル制御盤で操作は容易、監視機能も充実
  ・ 中央監視、BAS(Building Automation System)への接続も対応可

 
[期間COP]
期間COPは、冷凍装置が使用されるいろいろな負荷状態を考慮して平均的な成績係数を算出するために米国で考えられたもので、次の式で計算します。
期間COP=A×100%運転+B×75%運転+C×50%運転+D×25%運転
ここで、100%運転、75%運転、50%運転、25%運転は、それぞれ100%、75%、50%、25%の負荷状態におけるCOPを表し、またA、B、C、Dはそれぞれの重み係数を表し、それぞれの運転時間の比率に該当します。
ヨーロッパ基準におけるA、B、C、Dの数値、及びそれぞれの負荷状態における外気温度、冷却水入口温度を以下に示します。

期間COP  
*1 1000型の能力です。
条件は冷水取出12/6℃
冷却水温度30/35℃
*2 1000型の数値を示します。
期間COPヨーロッパ基準における数値を示します。
*3 “ブルーアストラム”の性能は、1000型を示します。

用途例
オフィスビルの空調システム
工場の空調システム
産業用プロセス冷却


 

  ( 4,355 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求