R22冷媒冷凍機の更新のご提案

 

日本熱源システム(株)

  東京都新宿区市谷本村町2-10 ストリーム市ヶ谷4F  TEL 03-5579-8830(代)


 

かつて冷凍機の冷媒として主流だったフロンガスHCFCの一つ、R22冷媒はオゾン層破壊する性質があるため、2020年1月から国内生産が禁止になり、使用が難しくなります。再生冷媒の入手は認められているものの、冷媒価格は今後上昇していくことが予想されています。そうした環境の中、多くのユーザー様がR22冷媒の冷凍機を依然お使いになっていて、次にどの冷媒の冷凍機に更新すれば良いのか迷っていらっしゃるケースも多く見受けられます。

日本熱源システムでは、R22に代わる冷凍機を提案しています。用途や温度帯、使い勝手、お客様の優先事項などをお伺いした上で、具体的な提案を行います。冷凍機と空冷凝縮器が分かれたセパレート型もご用意しています。空冷式、水冷式問わず、お客様のご要望に沿った技術提案を行います。


更新冷凍機の提案例
空調用 R22冷媒ヒートポンプ R134a冷媒ヒートポンプ

アンモニア冷媒冷凍機「ブルーアストラム」
産業用 R22冷媒冷凍機
冷却能力100kWまで
CO2冷媒冷凍機「スーパーグリーン」
 温度帯 −43℃〜+10℃
 (複数台設置によって容量は上げられます)
R22冷媒冷凍機
冷却能力100kW以上2000kWまで
アンモニア冷媒冷凍機「ブルーアストラム」
 温度帯 −15℃〜+15℃


アンモニア冷媒冷凍機
 温度帯 −40℃〜+15℃

R448A、R449A冷媒冷凍機
 温度帯 −40℃〜10℃


資料ダウンロード



  ( 13,356 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求