静電容量式レベルセンサ(位相検出方式) CG形

 

(株)ノーケン

 
東京支店
名古屋営業所
TEL 03-5835-3311
TEL 052-731-5751
  本社営業部
九州営業所
TEL 06-6386-8141
TEL 093-521-9830


静電容量式レベルセンサ(位相検出方式) CG形   センサ検出部は測定電極とアース電極およびこの2電極を互いに絶縁する絶縁部から構成され、2電極間に生じる静電容量変化を並列共振回路で検出し、この回路の発振周波数の変化を検出する静電容量式レベルスイッチ


ID E007-23
製品名 静電容量式レベルセンサ(位相検出方式) CG形
メーカー (株)ノーケン
特長
パラメータによるワンプッシュ調整。
マイコン搭載で多彩な機能を実現。
業界初のオペレーションLCD表示。(レベルスイッチ)
耐付着対策性能を向上。
抜群の信頼性。

主な用途 液体・粉粒体・塊体などあらゆる物体のレベル検出に最適
 
動作原理
基本的な発振回路は、L(コイル)とC(電極間に生じる静電容量値)の並列共振回路です。この回路の発振周波数は、f=1/2π √LCです。被検出物が無い状態での発振周波数をf1とすると、f1=1/2π √LC、C:初期の静電容量値(ゼロ点)被検出物が有る状態においては、Cが、C+ΔCに増加し、発振周波数がf2に変化します。f2の周波数は同様に以下のように表せます。
f2=1/2π √L(C+ΔC)、C+ΔC:被検出物による静電容量値(スパン点)このf1からf2への周波数変化を検出し、リレー出力します。
  静電容量式レベルセンサ(位相検出方式) CG形 動作原理
また、この周波数変化を8段階(ゼロ点、スパン点間)に分割し、各段階に動作点、復帰点を設定できるため、上限用設定、下限用設定、ヒステリシス設定等ができます。
 
 
 

  ( 626 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求