静電容量式レベルセンサ CLS100形

 

(株)ノーケン

 
東京支店
名古屋営業所
TEL 03-5835-3311
TEL 052-731-5751
  本社営業部
九州営業所
TEL 06-6386-8141
TEL 093-521-9830


静電容量式レベルセンサ CLS100形   本製品は液体・粉体を問わず幅広い用途にご利用いただけるアンプ一体形の小形レベルセンサです。

 
検出電極は耐腐食に優れたPVDFを使用、動作設定は電源の極性を替えるだけで(フェールセーフ/ノンフェールセーフの切り替え)動作を簡単に反転させることができます。


ID E007-24
製品名 静電容量式レベルセンサ CLS100形
メーカー (株)ノーケン
特長
検出感度設定ボリウム(20回転ポテンショメーター)で感度設定が簡単。
感度設定のみで同調設定は不要。
高感度から低感度(測定可能比誘電率≧1.5)まで幅広い測定物に1台で対応。
検出部感度が電極先端に集中しているため、電極根部の耐付着性は優れています。
2線式(4/20または20/4 mA DC)ループ出力。
3色のLEDによる動作状況の確認が可能。
検出電極部寸法は100mmと短く、機器組込み用、配管取付に最適。
使用温度は-40〜+110℃と広範囲。

動作原理
静電容量式レベルセンサ CLS100形 動作原理@
@ CLS100形センサの内部回路は、空気中では常に5.5MHzで発振しています。
静電容量式レベルセンサ CLS100形 動作原理A A 測定物が投入され検出電極に近づくに従い、測定物の誘電率の影響により発振周波数が減少します。
静電容量式レベルセンサ CLS100形 動作原理B B さらに測定物が投入され検出電極まで達し、設定感度(しきい値)よりも周波数が低くなると、センサがONします。
(Δf≧1%またはΔC≧0.04pF)

  静電容量式レベルセンサ CLS100形 動作原理
 
 

  ( 874 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求