抵抗式レベル計(液体計測用) LR形

 

(株)ノーケン

 
東京支店
名古屋営業所
TEL 03-5835-3311
TEL 052-731-5751
  本社営業部
九州営業所
TEL 06-6386-8141
TEL 093-521-9830


抵抗式レベル計(液体計測用) LR形   リードスイッチと抵抗器が多数個、等間隔に配列された基板が封入されたステムとマグネットが内部に固定されたフロートにより、レベル指示・出力信号および4点の警報設定が可能なフロートガイドパイプ式レベル計、耐圧防爆規格(d2G4/d2G3)取得済


ID E007-47
製品名 抵抗式レベル計(液体計測用) LR形
メーカー (株)ノーケン
特長
タンク内圧力・温度や液体比重の影響を受けない
  他の原理・構造のレベルセンサに見られるような温度・圧力・液比重・静電容量・導電度などの影響を受けず極めて安定した指示を行います。
   
目的に合った接液材質の選択が可能
  測定液の性質や使用条件に応じた材質の選択が可能で、幅広い用途でご使用いただけます。
   
機能・操作性に富んだコントロールユニット
  レベル指示だけでなく、警報接点4点の設定・確認や、操作及び調整はすべて表面パネルにより行うことができます。
   
4〜20mA DC出力を標準装備
  外部出力として4〜20mA DCを持っているためコンピュータや記録計などに接続することができます。
 
主な用途 水・油のタンクはもとより、塩酸・硫酸など各種薬液タンクや圧力タンクの在庫管理からタンク群の集中コントロールに最適。
 
動作原理
本抵抗式液面指示警報計センサは、内部にマグネットが固定されたフロートと、磁気駆動式であるリードスイッチと抵抗器が多数個、等間隔に配列された基板が封入されたステムで構成されています。
フロートの位置とリードスイッチの動作関係を図1に、ステム内の回路構成を図2に示します。液面上昇にともなってフロートが上昇すると、Aの状態→Bの状態→Cの状態へ移ります。その時A(2個)→B(3個)→C(2個)の順でリードスイッチが動作します。(液面下降の場合はC→B→Aの順に動作します。)従って、フロートの位置に対応した合成抵抗値の変化を得ることができ、図2の内部回路の1―2間に一定電流を流すことにより、この変化にともなった電圧を1―2間に得ることができます。
  抵抗式レベル計(液体計測用) LR形  動作原理
 
 
 

  ( 626 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求