油中水分計(小型タイプ)  「WGLシリーズ」

 

山本電機工業(株)

  大阪市淀川区新北野2丁目7番6号  TEL 06-6303-7331 FAX 06-6303-7350


油中水分計(小型タイプ) 「WGLシリーズ」   オンラインで使用できる油中水分計
小型サイズでも超高感度。装置の組込に最適な水分計


油と水の誘電率の差を利用し、静電容量の変化を測定することで、油の中の水分値を検出します。
油の中に水分が混入すると、その水分は「錆び、腐食」の原因となり、また油の性能・性状の劣化、酸化などの要因になります。
本製品によって、これらの品質管理が可能です。

重油、発電所のタービン油、油圧機器の潤滑油、製鉄所の圧延油など。

レベル計測専用のCGLタイプと水分計・分析計に対応するWGLタイプのラインアップを用意しています。


ID H002-49
製品名 油中水分計(小型タイプ)  「WGLシリーズ」
メーカー 山本電機工業(株)
特長
小型でも超高感度・高精度を実現
 
パイプライン電極と組み合わせて、油中の水分値の計測で高精度(±0.1wt%)を実現。
分離アンプも名刺サイズで小型装置への組み込みが容易。
  小型でも超高感度・高精度を実現
   
表示器付でリアルタイムに計測値を表示
  分離型アンプに表示器を搭載。
現在の計測値(%表示)や静電容量値(pF表示)をリアルタイム表示。
表示器付でリアルタイムに計測値を表示
   
簡単な初期設定
  押しボタンで簡単にゼロ・スパン設定が可能。
5種類のゼロ・スパン設定を記憶可能。油の種類に応じて設定値を変更可能。
   
BNCコネクタでセンサとケーブルの脱着が簡単
  センサ電極ケーブルと分離型アンプとの接続ミスを低減。


アプリケーション
油の中の水分値を計測することによって油の劣化の警報器やオイルチェッカーとして使用出来ます。
WGL型を使用することで、油と水の誘電率が大きく異なることから、その差を利用して静電容量を測定し、誘電率の変化で油中の水分値を連続的に計測します。センサ電極を配管途中に設置することも可能です。


アプリケーション

用途・
 実績例
用途 油中の水分計測(油中水分計測)
測定物 液体/粘性液体
詳細測定物 油(非防爆) 作業油


 

  ( 1,429 KB ) PDFダウンロード お問合せ・資料請求